南部紫根染

01-30,2018


20180124_161411_convert_20180130184738.jpg 図柄*立涌しぼり


思い立って
極寒の盛岡へ

この日は
最高気温が氷点下5度

最低ではありませんよ
最高気温。


IMG_20180124_182616_040_convert_20180130185103.jpg

冷凍庫の中です



こんな日は
ペンギン歩きしかないです

ペタペタ
よちよち

歩幅は狭く


IMG_20180124_182616_042_convert_20180130185126.jpg

でもね

情緒があって
好いんです

すべての音が雪に吸収されて
静けさと雪明かりが


・・・・


いつも新幹線に乗ると

JR東日本のフリーペーパー
トランヴェールの巻頭エッセイ
「旅のつばくろ」・沢木耕太郎/筆
を、読むのが楽しみなのだけれど

今月のエッセイに

「こういう二行の少年の詩を読んだことがある

・・・雪が降ってきた
・・・鉛筆の字が濃くなった。」

と、いう一節があって


これから向かう雪と氷の街に
得も言われぬ情景を夢想するのであった

さすが
うまい!

旅へのいざない




この寒さだから
味わえる盛岡の魅力があるわけで


寒いからといって
引きこもってはいられません



さて
目的は紫色を捕獲すること

江戸時代まで紫(紫根染)は
身分の高い人しか手にできない
高貴な色でした

藩政時代
南部藩領では良質の紫根が採れ
一手に紫根の栽培及び染をしていました

その良質な在来紫根も
化繊や化学染料の普及など
時代の波とともに消えゆき
伝統技術を伝える人が途絶えたそうです

そんな中大正時代に
かろうじて残っていた技術者を招いて
南部紫根染を復興させたのが
盛岡「草紫堂」の初代だそうです


いつの日か貴重な在来紫根で
IMG_20171216_184026_870_convert_20180130185154.jpg
石鹸を

と、叶わぬ夢を胸に抱いております


・・・・


店内です
IMG_20180124_182616_035_convert_20180130185036.jpg
美しい紫色にかこまれて

高度な手絞りの技法は
フランスでも「南部しぼり」として
高く評価されています




染料となる根の入手が
以前より難しくなっているそう

紫根はなかなかに気難しい植物とのこと

発色も収量も
善し悪しも
年により全然違い
安定しないそうです





着物や和小物だけでなく

クッションなどもあります
20180124_164550_convert_20180130185004.jpg
これ素敵でした
シルクのクッションカバー




美智子皇后さまが来店した時
お求めになったのは
20180124_162859_convert_20180130184819.jpg
南部茜染の小ぶりの座布団
数個お求めになったそうです

お孫さんたちのお土産だと思いますよ
と、お店の方のお話

南部茜も草紫堂さんの製品です
茜染の着物なんか
も~~~
可愛くてしょうがない~~~
(・・・なのに画像なし)



私は
20180124_163110_convert_20180130184847.jpg
紫根染を求めました


ふとん屋さんに作ってもらうという
小座布団には綿がみっしり

ぷっくりと可愛らしい座布団です


今ではふとん屋さんは盛岡に1軒しかなく
そちらのご夫婦も70代だそうで

ふとん屋さんが廃業したら
この座布団も作れなくなりますね・・・
と、仰っていました

ふとんの技術も風前の灯です

染にもふとん打ちにも
温もりがあります

気候は極寒でも
心はぬくぬくでした






紫色
捕獲


了。















カーテン

01-10,2018


20180107_121248_convert_20180108185544.jpg

夜空が白々としはじめ
しだいに辺りが明るくなってゆき
陽が昇る

兆し


陽が沈み
辺りが闇に包まれゆく

気配

・・・・

高気密な住環境が整い

寒暖差や騒音
といった

生活ストレスが緩和され

いろいろな意味で
心身に負担が少ないのは
いいのだけれど

何か変

ふと、そう思う時がある

遮光カーテンが好きじゃないのも
何か変?

そんなひとつ。

どこかに隔離されているような
自然界と遮断されているような

・・・

外の兆しや気配がわからないと
息苦しくなるタイプです



かなり
市販のカーテン探しをしました

ちょっといいな~と思うと
ほぼ遮光カーテンで

結局、布探し


菊の花のテキスタイルをみつけ
チクチク手縫いで

昨年末、ようやく仕上げた
自作のカーテンがお気に入り

好い感じに
外の気配が感じられます♪

カーテンは
部屋のかなりの面積を占めるので
気に入っているか?は重要ですね




この方も外の気配は大好きで
縺イ縺縺セ繧垣convert_20180107120608
日向ぼっこ



今年も
野生の感を磨いて
鼻先の匂いをクンクンしながら

犬並みの嗅覚で

自分の道を迷わず進めたら



思います



戌年なだけに。




和菓子屋さんで見つけた
20180108_170416_convert_20180108185641.jpg
戌の練り切り



・・・こはるに似てる



どんなんでも



我が子に見える病です ・ 笑
















絵本美術館のクリスマス☆

12-23,2017


20171220_115846_convert_20171223204817.jpg

夏に行った
絵本美術館から

クリスマスの招待状が届きました☆


今月18日まで
東京国立近代美術館で

この美術館の設計をした
安藤忠雄展がありましたが

アーキテクト好きな友達が観に行って

建築家としてだけでなく
その生き様に
痛く感動していました。


この仕事がきっかけとなり

建築が絵本をとおし
子供たちの情操教育になると感じ

大阪に絵本美術館を作る構想が
進行中のようです


そんな視点も含め
あらためて訪れた

絵本美術館では

空間と絵本を
時間をかけて
じっくり味わいました



今年のツリーは
ムーミン谷がテーマ


ひとつひとつのオーナメントが清楚で
20171220_115905_convert_20171223204916.jpg
洒落ていて





ツリーだけでも
20171220_115912_convert_20171223204854.jpg
見飽きません




たくさんの
クリスマスの絵本コーナーから

ふと目についた

この「アンジェリーナのクリスマス」
20171220_130003_-_繧ウ繝斐・_convert_20171223204947
絵も作もすばらしく可愛らしい



表紙を開くと
IMG_20171220_134945_750_convert_20171223205203.jpg
大人でも

一気に物語の世界へ☆



数冊の
クリスマスの絵本を読みふけり




ふと目をあげると
20171220_132804_convert_20171223205013.jpg
sky blue 
ocean blue

窓いっぱいの青が
目に飛び込んでくる


この美術館は
間接照明しかありません

ですので

自然光で本が読める時間帯しか
開館していません



次は
猫本コーナー

その次は
犬本コーナー



絵本との出会いは
至福の時間です



犬、猫それぞれチョイスしてみました
IMG_20171220_134945_753_convert_20171223205233.jpg
これが私のおススメです

絵本って
大人が読んだ方がいいですね

いや
読むべき

今の社会の価値観の
何がずれているのかが
シンプルにわかる

子供に
教える時のように
教わらないと

善悪や思いやりが
わからないであろう
現代人。




ジャズのリズムをバックに
ゆるりとしたテンポで
子供と女性が歌う
クリスマスソングが

優しい時間を提供してくれていて


前回同様

運営者の
あらゆる意味での

センスの良さと
豊かさを

感じました





・・・・





今年も
お疲れさんなワタシは

少し足を延ばし



雪の会津へ
IMG_20171221_222616_120_convert_20171223205257.jpg
出で湯にひたってきました


映画「聖の青春」を観て
いつか行きた~い!!と
ひと目惚れした宿

哀しく切ないシーンを
泣きたいぐらいに美しく演出した
宿・「向瀧」


なんと!
主演の松山ケンイチが
ロケ中逗留していた部屋を
ご用意くださいました


コーフンで眠れないんじゃないか?
と、心配したのは杞憂で

ぐっすり zzz... (笑)




今年も残すところ
1週間あまりですね


忙しなく駆け抜けた1年も
無事?終えることができそうです



今年も大変お世話になりました。(こはさん共々)



少し早いですが
みなさま、良いお年をお迎えくださいませ♡





*年末年始は12月29日~1月5日お休みをいただきます。




お時間があるときにでも
ご観くださいませ☆「この国の行く末」
       
 
      💛

















めんこい。

12-13,2017


IMG_3439_convert_20171213215045.jpg

冷え込んでいます

鍋料理が恋しいこのごろですが

またまたワタシ
宇宙オーダーしたかな!?

定期便の発送日は
毎月てんてこ舞い

そんな日に届いた
本格、簡単「きりたんぽ鍋」セット!

忙しすぎて
食事もおざなりになりがちなこと

送り主は
透視していたらしい(笑)


先日に続き

またまた
小躍り♪


こんなお心遣いも
ひと味
うま味がON~


大好きなきりたんぽ鍋ですが
この日はお疲れ様な一日だったので

生薬をブレンドして
出汁パックに入れて

スープにポン!

滋味あふれる出汁を
しっかりと吸ったきりたんぽが
ホロリと口の中で崩れる



・・・・



包装紙がまた
めんこい

の。


郷土料理のプライドを感じるのだわ。

漫画の吹出しのような湯気
何か書き込むとしたら・・・

「んめぇ~ど~」か
「早ぐ、け~」

かな?

なんとか映えを狙って
売り上げを上げるより

秋田の郷土料理で何が悪い!
十分だべ

みたいな
ゆるぎなさ

包装やパッケージって
大きなメッセージ性がありますね。



・・・・



石鹸も

来年は

初心に戻って
手書きラベル復活の月も予定ありです

「山・川・草・木」
大好きなこの四文字を篆刻にして

みなさまにお届けいたします

自然と共生して
ひとつひとつ手で作って

そんな仕事をしていくことを理想として
作ったラベルです



・・・・



めんこい包装紙の写真を
撮っていたら





こはさんも
IMG_3445_convert_20171213215128.jpg
めんこく






何か
美味しいものが落ちてこないかな?と

ハイエナのお仕事しておりました^^;





















シュトレン

11-29,2017


IMG_3438_convert_20171129191403.jpg

クリスマスケーキは
随分と長い間食べていない

でも毎年
シュトーレンは食べるの

今年はどこのシュトーレンにしようか?
ソワソワしていたこのごろ。


今朝の Face book に
ドイツに旅している友達が
ドイツの光景をアップしていて

その中に
シュトーレン専門店の画像があり

おぉ~!
ドイツのシュトーレン食べたい!!

と、思っていたところに

届いた~~~☆
凄すぎるタイミング
(小躍り♪)


世田谷のドイツ菓子工房の
シュトーレン


ペットアロマスクールジアスの校長
西村先生からいただきました

何か通信?
が、通じているとしか思えない

または

宇宙オーダーしてしまったか?(笑)




少しづつ切り分けながら
クリスマスまでのコーヒーのお伴は

後半になるほど
馴染んで味が深くなる
シュトーレン様

・・・・

ドイツに旅している友達によると
「シュトーレン」ではなく
「シュトレン」だそうな


ドイツには沢山の専門店があり
この時季
シュトレン店巡りも楽しそう

サイズも
10センチぐらいのものから
50センチほどあるものまで(デカッ!!)


お店の商品はすべてシュトレン
ですって!


凄いですね

ひと品専門店

潔し。



12月1日から食べるのだ~







どんな味かな?