FC2ブログ

スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルレシピ

09-06,2015

IMG_0508_convert_20150906205435.jpg

すっきりしない日々
この先の予報も雨。


お天気を
コントロールすることはできず

せめて

緩やかな音楽をかけたり
気分転換に
花をあしらってみたりと

薄暗い室内だけど
少しでも快適に過ごす
工夫をしています


そうそう
・・・・
元フェラーリの
日本人デザイナー
ケン・オクヤマが言っていた

「モノは暮らしぶり」
「デザインは創意工夫」


シンプルで好きな言葉です

ホント
そう思います





今月は

ショップからご依頼いただいている
IMG_0513_convert_20150906205526.jpg
オリジナルレシピのお渡しがあります

そして

グリグリ
グルグル
練っているレシピもあります

私にとって
オリジナルレシピの打ち合わせは

ご依頼くださる方の
想いや
希望や
期待が感じられ

一緒に
産み出すワクワク感
を、共有し

こちらから湧き出る
イメージを提案し

時に

立地条件
顧客層
販売形態

またまた

ユーザーの立場
(自分が買い物するイメージ)
で考えたりと

打ち合わせ中
ココロも
頭の中も
かなり忙しい


石鹸がお店の顔になって欲しいし

お店の顧客の方々が
もっとお店を好きになってくれるような

そんなレシピを創りたいから

打ち合わせには
マジ集中するのよね



・・・雨模様は
レシピ創り日和でもあります





創意工夫して





集中!












情報このごろ

04-17,2015

IMGP0437_convert_20150408222634.jpg

花咲き乱れ
春爛漫
と、言いたいところですが

桜が満開の仙台のこの1週間は

寒いの
風が強いの
お天気が豹変するの
で、ゆっくりお花見散歩の時季のはずが

そそくさと
お散歩を切り上げる日が多かった!


そのぶん
IMGP0436_convert_20150417221431.jpg
足取りも遅いようでまだ咲いています

来週こそは楽しめるかな?

北の地方の方
「声はすれども姿が見えず」
ここで少し
桜が足踏みしていますよ~


・・・・


気候の変動が例年と違うせいか

自律神経の乱れ?
と、思われる不調を訴える方が
多いように思います

頭痛
食欲不振
眠気
不眠
などなど

ここ数年の
気候の激変

体調管理が難しいですね
皆さまご自愛ください




さて、
私はというと

桜は満開でも
引きこもり日和ということで
仕事もサクサクと進み

仕込んだ!
仕込んだ!

・・・・

考えてもみれば

20代の頃に
洗剤メーカーの化学者と出会ったことが
今も私の中に生きていて

そして
石鹸づくりを
継続する力になっています

石鹸の基礎講座でも
お話していますが

化学合成洗剤を開発していく過程と
動物実験の実情を

随分と早いころに
垣間見てしまったわけです


あの時、
たった3人で会話した
たった1日が
今の私に繋がっていると思うと

生きた情報とは
本来こういうものかもしれない・・・
と、思います。

今や
情報は検索キーワードを入力すれば
過剰なほどに溢れてくる

それとは反対に
図らずも出会って
知リ得たたった1日の情報が
深みを帯びて人生に浸透している

小説家
村上龍氏が何かにコメントしていました
「多くの情報を持っているより
 有意義な体験を少し持っている方が
 人の魅力となる」
と。

私も
よく検索するし
入力するキーワードによっては
情報の範囲が大きく広がります

でも
情報が多すぎて
忘れるんですよ

今どきの情報は

手軽にどこでも
コンビニの買い物のよう。

もっと
情報量が少なくて

それだけに
人間力が高かった時代が
懐かしいな~



と、思う春なのです





=============

PCメンテナンスのため
ブログの更新が遅くなりますので
ヨロシクお願いいたします~。
*メールは通常どおりです!































311 備忘録

03-11,2015

IMGP0234_convert_20150310200230.jpg

記憶というのは
はかないもので

どんなに激しく
感情がゆさぶられても
心がふるえても

時間とともに

激情は収まり

思い出の
細部は滲み
輪郭は曖昧になってくる

忘れたくないこと
忘れてしまいたいこと
忘れてはならないこと

震災の記憶は
いろんな想いが絡みあう


被災地では
それぞれに
いろいろな気持ちで
今日を迎えています



わたしも

石鹸にまつわる
震災の記憶を書いておきたいと
思います


ライフラインが途絶え
寒さに震え
余震に怯えたあの時

ホコリにまみれて
片づけに追われても
満足に手も洗えず

何日間もお風呂にも入れず

・・・・

ライフラインが復旧し
久々に入った
お風呂の気持ち良さと言ったら

うぅぅ~~~
と、唸ってしまいました。

石鹸の泡が優しくて
ほんのり精油の香りが
緊張をほぐしてくれた

ポンプ式の
合成香料の液体洗剤では
決して得られない

癒し

あの日のお風呂は
忘れられません

石鹸のぬくもりが
忘れられません

植物のエネルギーが供給されて
細胞がプクプクと
息を吹きかえし

生きかえりました。



・・・・


そして
汚水のこと

仙台の蒲生という地区にある
かつて湿地帯だったエリアに
下水処理場があります

この下水処理場が壊れ
汚水が噴出し
近隣の住宅は悪臭で
生活に支障が出ていました

TVのニュースでは
「化学合成洗剤は、微生物が分解できず
 ヘドロとして溜まり悪臭を放つので
 洗剤の使用は避けてください」
と、繰り返しの報道

いつも石鹸の講座でお話していること

手作り石鹸は
排水を微生物が分解して
生態系に負担をかけない

そして

生活雑排水が
水質汚染の
最大の原因になっていること


ちょうど
プレーンな精油フリーの石鹸があり

仙台市内の会員の皆さんにお配りしました
精油フリーですので食器も野菜も洗えます


このころ
CMはずっとACのCMでしたが

こんな時じゃなければ
スポンサー(洗剤メーカー)に気兼ねなく
はっきりと物事を言えないのですね


津波で打ち上げられたヘドロは乾燥し

瓦礫を片づける際に
ホコリの微粉末に含まれる化学物質が原因で
作業員の肺炎が増えたと報道されていたことも

もう

みんな
忘れてしまっているのでしょうね
・・・

東南海沖で地震が発生した場合の
津波のシュミレーションで

真っ黒な波が想定されていましたが
海底のヘドロが
すごいことになっているようです


私たちが出し続けたヘドロに
逆襲されるよ―!!
逃げろ―!!





・・・・だから

今日も石鹸を創り続ける。

















そもそも、香りとは

07-03,2014

IMGP3297_convert_20140702233003.jpg

よく「引き寄せの法則」
という言葉を耳にします

思ったことというのは
現実化しやすいので
ポジティブなこと
なりたい自分をイメージしなさい
と、いうことのようです。


私は経験上
少し違うと思うのです。

すでに
起こることが決まっているから

ふと
そうしたくなると思うのだと。


去年から
「香り」について
自分にしっくりくる表現がみつかりそうで

なんだか
ソワソワしていました。

私のライフワーク
古神道に出てくる植物と

世界の古代の薫香のことを考えると

石鹸に仕立てる妄想が
止まらないわけです。

古代のシャーマンたちが
人の健全な生活ために調合した植物たち

遡りたいという感情の作業が
続いていました。

そんな妄想をしていると
面白いもので

このテーマの外部講座のお話をいただいたり
古代エジプトの薫香を作る機会に恵まれたり

するわけです。

これは
どう考えても
そうなることが決まっているから
あの時、ふと思ったとしか
言いようがない。

こんなことが多いな
と、思う今日このごろ。


古代エジプト、
クレオパトラが愛した薫香は
樹脂
香木
スパイス
ハーブ
が、16種類練り込んであります。


琥珀です
IMGP3280_convert_20140702233210.jpg
考えてみたら
琥珀は樹脂ですね

すっかり宝石のイメージでした。


保存用の陶器で
IMGP3298_convert_20140702233104.jpg
熟成中です。

中東のインセンスのような
エキゾチックな香りではなく
品の良い奥ゆかしい香りです。

薫香は
古代
神官が
薬として調合していたといいます

立ち上がる煙で燻し
邪気を払ったり

香りが中枢神経にはたらきかけて
心身を強壮にするような調合だったようです。


エジプトの壁画には
神官のレシピが残っているとのことです。

食べられるということで
少しだけ食べてみました。

なかなか美味しい!

さて
石鹸の幅が広がりますでしょうか?

秘密の作業の始まり~。




日本の香道では
香りを嗅ぐことを
香りを聞くと言いますが

フランスなどの
調香の世界でも
香りの調子を「トーン」と呼びます

フランスの
調香師のメソッドを学んだことがありますが

「理論」に「感動」という要素が加わり
香り作りは
芸術なのだとつくづく感じました。


どちらも
音で表現される「香り」

どんな
音符(単体の植物)を重ねて
どんな
楽譜を書きたいのか

香りの源流を辿り
香りを聞きながら



古代に想いを馳せています。




本日のおまけ
IMGP0529_convert_20140702233745.jpg
伊達 ロク君
(政宗公の愛犬黒龍丸のひと文字「黒」を後ろから読んでロク)

以前、
伊達家の香道のお稽古に少し通いまして・・・

いつもお稽古帰りに
当主をお迎えにきていました。

他人からのおやつは
絶対に受け取らないのですよ~。

穏やかで
落ち着いた
気品あふれる物腰です☆





おやつ、うけとらない!?
IMGP3301_convert_20140702233323.jpg
ふぅーん。。。
ありがたくうけとったらいいのにね。






そういう考えか!!










私の塩梅

06-11,2014

かご鳥

今日は
雑節のひとつ「入梅」

暦のうえでの梅雨入りです。

ちょうど梅の実が色づき始める頃。

梅の実を干す時は
夏の土用が良いのですよね?
たしか。

私は
どんな梅干しが好きかというと

しっかり塩が利いていて
すっぱーい梅干し
が、好きです。

赤紫蘇も6月~7月が旬ですね。
真っ赤な紫蘇漬けの梅干し

・・・漬けませんが。



さて
今まで
「創る」ことや
「造る」ことを書いてきましたが

今日は
入梅にひっかけて
石鹸づくりの塩梅
に、ついて書いてみます。

あくまでも
私の塩梅。

丁寧につくる
でも、
余計(野暮)なことはしない。

肌が喜んで
感情が喜んで
元気になれる石鹸。

いろいろなオイルブレンドを試みて
撹拌の時の
手で感じる
気持ち良さを
大切にする。

温める
冷やす

温度管理は
大切。

こんな工程を

こんなに楽しい作業はない
と、感じる。

美しいカタチの石鹸
わざと歪ませた素朴な石鹸

どちらも
香り
泡立ち
カタチ

調和とバランスを大切にします。

優しい泡を体験することで
感覚が磨かれ
それが
私の中で
どんどん広がっていくように。

そして
この感覚が
皆さんに
広がりますように。

講座は
机上の「リクツ」ではなく
経験と実践から
手探りで導き出した
「塩梅」です。

頭で理解するよりも
受講者の方の
感受性が発動して
身体
ココロが

嬉しさや
高揚感
で、満たされることが
大切なことだと考えます。


石鹸、つくりませんか?
コスプレ
コスプレではありませんよ(笑)




ゴーグルが
工事作業用!!











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。