FC2ブログ

暑中お見舞い申し上げます

07-23,2015

IMG_0419_convert_20150722094437.jpgシュワ―ッ!

梅雨明け待ち遠しい仙台から

「暑中お見舞い申し上げます」



今日届いた暑中見舞ハガキに
ステキな一文がありましたので
拝借~ 

「・・・・夏の風だけでも
 
 青嵐(あおあらし)、
 薫風(くんぷう)、
 黒南風(くろはえ)、
 白南風 (しろはえ)
 
 などと言い分けて
 風を楽しんでいた昔の人 

 辛さを
 上手にかわしていたように
 思います・・・・」

本当ですね

情緒的とは
かわし上手
と、いうことなのかもしれません

豊かな感性が感じられる
暑中お見舞い

返信のハードル高いわぁ

・・・
期待されていないと思いますが (--;)





このところ
IMG_0383_convert_20150721173303.jpg
お抹茶をいただくことが多く





涼しげな設えのお茶室から眺める
IMG_0390_convert_20150721173452.jpg
猛暑の陽射しも風情に思えます





お干菓子も夏
IMG_0392_convert_20150721173521.jpg
鮎のカタチや梅風味

緑茶には
清熱(冷やす)作用があり
体内の水の巡りも良くします


蒸し暑いこの季節は
体内に
熱と湿が籠りがちになりますので

熱を冷まし
水はけを良くしてくれる緑茶

お手軽養生としていかがでしょう!?




お茶室の入り口には
IMG_0388_convert_20150721173343.jpg
蹲踞(つくばい)が





IMG_0389_convert_20150721173419.jpg
水琴窟になっていて

カラン
ポロロン

地中に埋め込まれた甕に響く
水滴の音が涼を呼びます


水琴窟は
とても繊細な設えです

随分と以前に

やはり
水琴窟のある茶室で
お抹茶をいただいていた時

偶然
その庭園の水琴窟を作ったという
庭師の方にお話を伺う機会がありました

埋め込む甕は
備前焼きを
オーダーするそうです

備前は
高温で焼き締めてあるので
綺麗な反響音が出るんですね

なるほど~
と、思いました



音の調整は
自分の聴覚の狂いを
客観的に確認するため
病院に通い
脳波を測定しながらおこなうそうです


へぇ~!
へぇ~~ぇぇ!!

と、目からウロコの
その道のお話は続き


・・・・


最後に

私は
京都の桂離宮や
皇居の庭園も造っています

と。


一流の仕事をする方って

自然体で
偉ぶらず

別れた後にも
清涼な空気感を残しますね


こういう出逢いって

たまに

思い出の引き出しを
そっと開けて

心豊かな時間を味わう
大切な引き出しアイテムです





水琴窟

あまり見かけませんが
見かけたら
耳をかたむけてみてください

繊細でピュアな水の音







では皆さま
これからが夏本番

ご自愛しつつ、
暑さを上手にかわし、
夏をお楽しみくださいませ





IMG_0412_convert_20150721173551.jpg寝るのがイチバンだよ



















スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK