梅雨のココロ持ち

07-08,2015

IMG_0134_convert_20150531215251.jpg

昨日は
二十四節気のひとつ
「小暑」でしたね。

そろそろ
梅雨明けが近づき
暑さが本格的になり
蝉が鳴き始める頃
と、されていますが・・・

仙台は寒~い!
どんよりとした梅雨らしい日々ですが
例年より降雨量は少ないようです


私は梅雨が嫌いではありません

アジサイは綺麗だし
木々はモリモリ成長するし
零れ落ちる雨つぶを見ているのも好き



そんな中
驚きの事件が!!



2年前に大分県湯布院のアトリエにオーダーした
IMGP2833_convert_20150708172032.jpg
こはる2号から



・・・・



穴ぼこ出現!
IMG_0354_convert_20150708172223.jpg
虫が這い出てきました。

この足の木(柘植)にだけ
たくさん眠っていたようです ^^;

2年ぶりにこんにちは。(笑)

木々や草花とともに
虫たちも活き活きしていますね




・・・・・



さて

梅雨の心構えのことなど ← 養生のひとつね!

東洋医学では梅雨のこの時期を
「長夏・ちょうか」といい
湿気による邪鬼「湿邪」が旺盛になると観ます

世界中に伝統医学はありますが
東洋医学(日本では漢方という)では
湿気対策を教えていて

日本とは気候も植生も近いという点で
私たちに役立つ智慧や知識が読み取れます

今の時季の「湿邪」は
「思」というココロを作りやすいとされ
「思」が過剰になると
消化器系(特に胃)の不調から
体内に水分が溜まることによる
重だるさにつながります

ココロもジメジメ
思い悩み
クヨクヨしやすい季節?

と、いうことを覚えておくと
そんな気持ちが出てきたら
消しゴムをイメージして
消してしまいましょう
(ドライヤーで吹き飛ばすのもいい?・笑)

今の時季の
クヨクヨ
思い悩むは
特に身体に堪えるということです

梅雨を
快適に乗り切るための
ココロ持ちも大切ですね!



もうひとつ

お香を焚くことも
梅雨の過ごし方のポイントです

香文化は
高温多湿な気候の国々で発達しましたが

私はこの時季
精油の芳香浴より
お香がいいと思うんだな。

小さくても火種があると
空気が乾くし

煙も空気中の水の分子と
結びつくような気がします

夏の茶会などに行っても
お香が涼感をよびますね

香り(匂い)は
「熱」の性質を持つとされます

例えば
熱い蕎麦つゆに柚子を入れた時と
冷たい蕎麦つゆに入れた時

どちらが香り立ちしますか?

香りは「熱・陽」で上に昇り
湿邪は水の性質を帯び
重く「陰」となります

生活空間の陰を中和することも
梅雨を快適に過ごす知恵となります


梅雨の養生は

本格的な夏を
万全な体調で迎える
準備の季節とも言えます





どんよりな毎日ですが
気分は快適にお過ごしくださいませ~

























スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK