FC2ブログ

和歌山 憧憬 ~華岡青洲 編~

02-28,2015

IMGP0140_convert_20150228184627.jpg

世界で初めて
全身麻酔の乳癌摘出手術を成功させた
医聖と言われる華岡青洲

華岡青洲が開いた
住居兼病院・医学校を復元した
紀の川市 「春林軒」へ

昨年の春の
「医は仁術」展以来

こちらも
いつか訪ねてみたい
と、思っていた場所です。



春林軒は

主屋南側が
診療や手当てを行った板の間
IMGP0148_convert_20150228184859.jpg
火鉢のコテや手術道具が
痛そうですが
・・・
全身麻酔してますね。

青洲処方の麻酔薬「通仙散」は
妻が自ら申し出て
人体実験し完成した麻酔薬。

妻は実験の副作用で盲目になるという
大きな障害を負ってしまいます

今でも
麻酔は
麻酔医の腕次第と言います

麻酔医は
医師だからと言って
誰でもなれるものではなく
難しいと聞きますが

青洲は
200年以上前から
麻酔のための
「前三診 後三診」という
現代の診断方法の基礎となるような
術前術後の診断基準を設けて
医療体制を整えていました


そして
麻酔薬「通仙散」の処方を
残しませんでした


麻酔とは
微妙な加減と
しっかりとした診断
予後の経過観察眼が必要である
と、いう点からも

簡単に教えられる類のものではなく

また麻酔薬を扱う恐さも
重々承知だったのでしょう



生薬のスクラップ
IMGP0137_convert_20150228184749.jpg

「通仙散」の処方の中のひとつ
トリカブトがありました




処方された薬
IMGP0149_convert_20150228184959.jpg
こんな感じで渡されてたのですね!
青洲先生に処方して欲しい☆~




入院部屋
IMGP0155_convert_20150228185205.jpg
個室ですよ!!



敷地内には、この他に

薬調合所(調剤室)
看護婦棟(宿舎)
門下生部屋
などもあり

この地を訪れた塾生は
1,033名を数えたといいます。



さて、

石鹸の基材としても使う生薬の紫根

紫根については石鹸の講座内でも
お話しますが

「紫雲膏」に含まれる生薬です


この紫雲膏の考案者が
IMGP0201_convert_20150228185428.jpg
華岡青洲なのです

紫雲膏は漢方の外用剤として
もっとも重要な軟膏とされ

よく肌を潤し
肉を平らかにする(再生させる)
と、言います

いろいろなメーカーから販売されていて
ドラッグストアや薬局で
手軽に購入できますが

ラード(豚脂)が配合されているものが多く
・・・・
私は石鹸にもラードはお薦めしていないので
なかなか購入する気になれずにいましたが

この
春林軒 紫雲膏にはラードが入っていません

しかも
メーカーによって生薬の配合量が違いますからね!
モチロン大喜びで買い~

「春林軒」レシピですよ!
マニア垂涎。

お値段は市販品の約倍(泣)

紫根・当帰・ごま油・蜜蝋

洗顔後のクリームとしてもいけますね
だって皮膚の再生レシピですもの~


ん?なにやら・・・
IMGP0192_convert_20150228185524.jpg
怪しい犬影が




キャップをガシガシ始めました
IMGP0198_convert_20150228185617.jpg
し・し・・・しつこい(ーー;)
この処方を欲しているようです
潤いたいのでしょうか?




今回の和歌山行きでは
セミナーもさせていただきました
IMGP0157_convert_20150228185304.jpg
準備中の、主催してくださいました小川さん


旅のアッシーを買って出て下さったHさん
セミナーを開催してくださいました小川さん
セミナーにご参加下さいました和歌山・奈良の皆さま




本当にお世話になりました。







和歌山 憧憬    完。

















スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK