FC2ブログ

冬の食薬

12-07,2014

IMGP4200_convert_20141207215956.jpg

今日は
二十四節季のひとつ
[大雪]です。

氷が張り始め
霜柱が立ち始める頃

いよいよ
本格的な冬の到来

ど真ん中へ突入!

いくぞー!!
と、弱々しく拳をあげてみる。


これからの季節の食養生は
「腎」を養うこと

東洋医学的に「腎」とは
腎臓と
その他泌尿器系を含みます

冬にダメージを受けやすい臓器とされ

血管が密集する腎臓は
寒さで
血流が滞りがちになり
負担がかかります

水分の代謝が落ち
肝臓と協調しながら行われる
デトックス機能も落ちます



食薬とは
生薬でありながら
食材として気軽に使えるもの
を、言います

こはるのご飯のトッピングも
冬の養生に入りました

季節の養生をしておくことは
次の季節を
快適に迎えることにも
繋がりますね!

さて、
腎を元気にする食薬ですが

腎は五行の水(陰)に入り
冬の冷えに弱いので

火(陽)の五行で補います

火は「辛い」がキーワードで
生姜(生薬名は「しょうきょう」)
血流改善はどなたでもご存じですね
冷え取りです
お腹から温めてあげます

腎は
生きるパワーの貯蔵庫とも言われ

生命力の蓄え
免疫
ホルモンバランス
泌尿器などと関わります

これが弱ると
老化も早くなります

そこで登場は
山芋(生薬名は「さんやく」)
パワーチャージ食材です
一年中店先で見かけますが
10~12月が旬です

そして
腎を補う食材は
黒色食材と言われますので
ごぼうもチョイス


ワン・ニャン
冬のおススメ食薬です


こはるは
食物アレルギーがありませんので
これらをすりおろして
安心して与えられますが


アレルギーのあるワン・ニャン
好みや
消化の違いにも
個体差があると思います
気を付けて与えてあげてくださいね





モチロン
飼い主も
冬の養生!


薬膳酒を仕込みまして
IMGP4196_convert_20141207215905.jpg
一般的な冬の薬膳酒(右)と
自分の体質を考えた冬の薬膳酒(左)

美味しそう~
すぐに飲み干してしまいそうだわ

百薬の長も
飲みすぎは
毒ですね(泣)


首・足首・手首・腰を
よくガードして
温めて

冬を元気に過ごしたいものです








あっ!
「ヨルタモリ」が始まっちゃう~

観なくっちゃ!!




あのカウンターの
はじっこで
薬膳酒、飲みたい



・・・・
















スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK