オマーン大使館へ

09-28,2014

IMGP3704_convert_20140927233005.jpg

ヨーロッパに
スパイスやハーブを
持ち込んだのは
十字軍で

本来、
中東や
北アフリカや
東南アジアが
スパイスやハーブの本場です


私が行ってみたい国は
北アフリカ、チュニジア

ビターオレンジの花が
souk で山売りされているところを見たい
その花でお菓子を作ったり
ネロリウォーター料理を食べてみたい


好きな花や
ハーブの
歴史ある
本当の使い方に触れてみたい

でも
なかなか難しい
と、いうのが現状なわけで


そんな
ハーブを本場使いしたい私が

ご縁あって
香研究会IRIとオマーン大使館共催の
オマーン料理とバフール(お香の総称)
の講座を受講してきました



先ずは
オマーンという国をざっくりと

IMGP3682_convert_20140927233520.jpg

オマーンは
中東アラビア半島の南端にある
国土面積日本ほどの国です

ドバイの隣の国というと
なんとなく~なんとなく~?

産油国で財政豊か

海辺と砂漠が同居していて
オマーンPVの
スカイブルーの海辺にラクダがいる光景は
馴染みがないけれど
優雅で異次元な感じでしたよ


治安も比較的良いようです。

・・・

かなりざっくりな説明ですね


IMGP3684_convert_20140927233614.jpg
現国王の肖像画が、いたるところに



大使館厨房にて
オマーン料理レクチャー
IMGP3661_convert_20140927233055.jpg
大使館のシェフ、ナジーさんと大使夫人



今回は
ローズウォーターを使ったデザート
IMGP3665_convert_20140927233148.jpg
シェフが手にしているローズウォーター
レシピでは大さじ 3 のはずなのに
ドボ~!! 

サービス?(笑)


そろそろ
IMGP3667_convert_20140927233238.jpg
美味しそうな香りが



出来上がりはこちら
IMGP3678_convert_20140927233427.jpg
ほのかにローズの香り

コーヒーには3種類のスパイスと
やはり
ローズウォーターが

なるほど~な、お味
コーヒーの苦味に
スパイスの複雑な香りと
ほんのりローズが絶妙

そのままな
語彙が貧弱な食レポで
スミマセン

帰ってきてから

ちょうど手元に
食品レベルのローズウォーターも
スパイスもあり

はまってます 
ローズコーヒー!!



メインを忘れるところでした
IMGP3673_convert_20140927233329.jpg
鶏肉のヨーグルト煮込み

ご飯が
揚げたショートパスタ入りのピラフで重め
鶏は胸肉であっさり
ヨーグルトソースが爽やかで
スパイス、松の実がアクセントになり

まとまりのある
一皿になっていました
とても美味しかった!


食事の後は




またまたセキュリティーチェックを受けて
IMGP3691_convert_20140927233914.jpg
次の会場に移動して
バフールの講座です



このシャンデリア素晴らしい
IMGP3690_convert_20140927233815.jpg
一番奥の扉の部屋へ




IMGP3693_convert_20140927234013.jpg

オマーンには
世界遺産に登録されている
乳香樹の公園がありますが

人に管理されている樹より

道端にある乳香樹の方が
ワイルドで力強く
生命力に満ちている
というお話でした

ハーブもそうですね
野生種は
香りが違います

乳香に関しては
たくさんの深いレクチャーがあり

乳香樹脂の見分け方

オマーンの乳香は
特別なものだということが
分かりました

また、
バフールの講座で同席だった方が
数年前まで
オマーンに住んでいたという方で

乳香と
ローズウォーターの
現地での
日常への取り入れ方

他者への気遣いが感じられる風習

など

興味深い
お話をお聞きすることができました

私の講座の引き出しも
増えました



帰りは



広尾の大使館から
歩いて10分ほどの

仕事でお世話になっている
Losange さんへ
IMGP3714_convert_20140927234110.jpg
こんな砂時計が入荷していて
小さい方、購入

小さいと言っても
20cm もあるんですよ(3 分計)



ひとすじに落ちる
時の砂の音

さら さら と
時間が流れていきます





何度も
逆さにして


頬づえついて
眺めてます













スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK