FC2ブログ

昭和ノスタルジー

08-30,2014

IMGP3547_convert_20140830101641.jpg

ひと昔前まで
よく見かけた
炉端焼の居酒屋。

このスタイル発祥のお店は
仙台の元祖「炉ばた」

数年ぶりに囲炉裏を囲んできました。

こんな風情のお店では
自ずと

良き昭和の人情話や
大らかだった人との付き合い話
人の心情を汲むことができた日本人の
味わい深い話になるわけです。

話をしていると
脳内に
心象風景が広がり

なんとなく幸せ
どことなく安心
で、満たされるものです

囲炉裏端の女将さんが
長い柄のヘラで
酒や肴を渡してくれるのですが


あまり
お酒のマナーが良くない人は
IMGP3549_convert_20140830101740.jpg
ヘラを裏返されてしまうのです

これ、
読めますか?


「大」が逆さまで「さかだい」
「セ」が横になっていて「よこせ」



「お帰りください」
と、いうことですね

揉め事にならない
しゃれた諌言です

お店も客も

ニュアンスで伝え
伝わるのが
当たり前だった時代の
昭和ノスタルジー



自宅に帰って
TVのスイッチを入れたら

モンスターペアレンツが
「うちの子に掃除をさせたくないから
 掃除業者を雇え」
と、学校に詰め寄っているという話題。

「掃除」は教育じゃないんですか?

一気に酔いが醒めるよ
平成エレジー! 



8月も終わります


お盆で帰省した友人は
少しお母さんが心配な様子で

いろいろと
話をしていたら

ふと、
学生時代に遊びに行った
友人の実家の
リビングの

ある日の
日差しの感じを
思い出し


日差しの中で
微笑む

若かりし
お母さんの姿を
思い出し

・・・

こちらも
昭和ノスタルジー

旧交を温めたり


夏休みを利用して訪れた方と
「炉ばた」で
親交を深めたり




少し
タイムトリップした
8月でした













スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK