黄金繭

06-16,2014

IMGP3189.jpg

ここ数年
いろいろな情報に
シラケムードだった私。

脳内の
どのスイッチが入ったのか?

今年に入り
俄然、
知りたがりモードです。

昨日は
以前から気になっていた
県の薬用植物園でのセミナーから始まり
会場を移し
桑の博士のセミナーへ!


薬用植物園で見つけた
IMGP3196.jpg
この効能
気になりませんか?
スゴイですね。


こんな植物です
IMGP3197.jpg
ちょうど
青りんごのような実がついていまいた。


ヘビイチゴ
IMGP3191.jpg
薬用植物だったのですね。


メディカルハーブや
漢方に記載される植物ばかり
まだまだ
沢山ありましたが
珍しいところを
少しばかり載せてみまして


メディカルハーブの
クラウターハウス仙台校さんが主催する
「黄金繭で作る美容液」セミナーへ!

黄金繭にはセリシン/蚕の繭のアミノ酸
(人の肌の天然保湿因子と組成が似ていることから
 天然保湿成分として注目されています)
が、通常の繭より豊富なのだそうです。


さて
美容液作り
作業に入ります

何やら
IMGP3206.jpg
卵料理のようですが?



シルク繊維が・・・
IMGP3207.jpg
さながら
煮込み料理状態です



煮汁を
IMGP3212.jpg
ぎゅぎゅっ!
と、一滴も残さず絞り上げ



小さな使い切りサイズのボトルに詰めて
IMGP3217.jpg
絞った後の繭も使えます。



そして
IMGP3219.jpg
圧力鍋で殺菌処理!




IMGP3221.jpg
日本マルベリークラブ代表理事であり
理学博士、原三郎先生の講義は

桑(マルベリー)と蚕(繭)の機能性
と、健康や美について

大阪人らしく?

笑いをとりながらも
思いやりと
サービス精神あふれる
セミナーでした。



日本は
古来
「扶桑国」と呼ばれ
桑の木が生茂った国でした。

日本中どこにも
養蚕農家があり
絹織物産業が盛んでした

今月の
JR東日本、
新幹線のトランヴェールも
山形県鶴岡発シルク特集です。

日本のシルク復活の兆しでしょうか?

日本には
日本のHerb!

「身土不二」
と、言いますが

産まれた土地と
私たちの体を
分かつことはできないのですね。



期間限定で開催している
「大人の日焼け防止クリームつくり」講座

お・と・な ポイント
の、ひとつは
繭のタンパク質セリシンを取り込むことです。


シルクから抽出される成分の効果は
・紫外線防止効果
・美白効果
・保湿効果
それと~
コラーゲン合成までしてしまいそうです♪


桑という植物と
桑の葉で育つ蚕


すべてに無駄がない




と、無駄ばかりの人間は想う・・・










スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK