FC2ブログ

典座教訓

05-21,2014

火鉢

骨董品のお店で見つけた火鉢
もう
長い付き合いです

鉢にしたり
鉢カバーにしたり
なかなか良い味を出してくれています。

この季節
ジャパンブルーが爽やかです。

今年は
みんと
ミントを植えてみました。

土が見えなくなるくらい
ワサワサと茂って欲しいな。


さて
禅の食事係について書かれた
「典座教訓」~てんぞきょうくん~
という書物があります。

これは
道元禅師が著したものですが
道元というと
「正法眼蔵」の方が有名ですね。

道元は
上流貴族の家に生まれ
13歳で出家し
24歳で南宋へ渡りますが

上陸を許されず
停泊している間に
典座(禅寺の食事係)の役職にあった老僧と
運命的な出会いをするわけです。

典座という役職は
とても地位の高い役職で
食を整えるという作務の中に
沢山の深い教えと
宇宙観さえ垣間見えます。

う~ん
上陸を許されなくて
良かったですね!
  ↑
私に言われたくない!?

私は
この書物の内容に
いちいち
深く頷くのです。

ひとつひとつの
行為を
おざなりにしてはいないか?
と、自問し
こんな教育を受けてみたかった~
と、ウルウル

少し内容を・・・

庫司知事・くすちじ
(食材を調達する僧)から
受け取った食材の
良し悪し
多い少ない
については
一切の思惑を
働かせてはならない

ただ
与えられた食材を
いかに
どうすればいいかを考え
工夫する。

決してして
してはいけないことは
顔色を変えて
食材の多少に
文句を言うことである。

典座というのは
一日中
いかにして
その食材を生かしきるか
皆が
いかに満足してくれるか
心をその一点に込め
ただひたすらに
煮たり
炊いたり
するだけだ。

忘己利他

我をなきものにして
人々に
心豊かになってもらう
この専一道心のみである。


どんな立場の人でも
響くところがあるのではないでしょうか。

何事も
創意工夫すること。

毎日
同じことを
心を込め
注意を払いながら
続けるのみだということ。

私は
このように解釈しました。


典座の世界は
まだまだあります。

具体的な
食材との
向き合い方
下ごしらえ

道具や
食器の扱い方
仕舞い方

料理中に唱える
竈神へのお経

・・・・・・
これらの作務のなかに
また
たくさんの教えがあります。

典座という職は
もちろん
今もあるわけです。

とても面白いので
「典座教訓・其の弐」
に、続く・・・・かも?



礼法指導士の友人宅へ
お呼ばれ

さすが。
設えがさりげなくステキ☆
IMGP3007.jpg
お・や・つ!

焼き芋~
オーガニック栽培のお芋さん
冷やすと糖度がアップして
まるでスィートポテト

ハマりました

皮までいただきました
全体を食する。


典座としては
夏はアイスクリーム添をえたい。




いつの間に
典座になったのでしょうか?








スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK