どれにしようかな~

05-19,2017


IMG_2868_convert_20170518223906.jpg

小さなところほど
こだわりたくなるものです

そんなことのひとつ
ラッピングでちょっと結ぶ毛糸。

喜乃茶の糸は

ニット作家さんが組み合わせた夏の糸を
友人からプレゼントされたものに

国産精麻の繊維を
細く裂いて合わせてあります

精麻の使用については
健康でありますようにとの
祈りを込めているつもりです

そして

またまた
ステキな感性の組み合わせ糸と出会いました

作家さんのセンスがズキューン!
ハート射貫かれました


どれにしようかな~


今回数個選んだ毛糸は
わん香や
saponetta
を、オシャレに引き立ててくれるはず^^
お手元に届いた際は毛糸も見てね♪

使うのがとっても楽しみです



実は

この毛糸を置いているお店は

仙台の鎮守、大崎八幡宮の近くにある
街中古民家のお蕎麦屋さんなのです
IMG_2887_convert_20170518224111.jpg






IMG_2854_convert_20170518223606.jpg






IMG_2857_convert_20170518223655.jpg






お店の一室が
IMG_2867_(2)_convert_20170518223801.jpg
店主の奥様セレクトの雑貨店

蕎麦屋でまさかの
お気に入り毛糸に出会えるなんて!



モチロン
蕎麦もかなりのこだわりよう
IMG_2861_(2)_convert_20170518224712.jpg
尾花沢産の玄蕎麦

う~ん
香り、のど越し

好み!!

と、ズズッと一気にいただきました



・・・・


麺類はほぼ噛まずに喉に流し込みますが


一日一回は
よく噛む食事もしないとね

咀嚼の効果はいろいろありますが

夜の食事は特に咀嚼回数を増やしたいところ

咬筋活動は
アドレナリンの分泌を抑制し
リラックスを促し
睡眠の質を良くしてくれるそうです

ちなみに

強靭なアゴを持っていた縄文人は
毎食4,000回噛んでいたそうです

鎌倉時代で2,500回
江戸時代で1,500回

現代は600回


・・・・

縄文人って穏やかだったのでしょうね


どんどんクレーマーや
キレる人が増えてるの

咀嚼回数見ると分かるわー!!

この調子だと・・・
自分も予備軍です^^;




そんなことで思い出したのが

先月訪ねた
90歳になる庄内レディー


穏やかだった・・・
IMG_2690_convert_20170507174337.jpg
鳥海山の麓
遊佐町に伝わる伝統の遊佐刺し子

遊佐の女性は鳥海山麓の橇木山から
雪深い冬に薪を伐り出し
橇(ソリ)を引いて何十キロも運んだという

橇を引くとき着用する野良着の
引き手が当たる肩の部分に分厚い刺し子が施され
重労働に耐えながらも美意識を忘れない
「用の美」そのものでした

嫁入りの時に持たされたと言います

親元を離れた新生活に幸あれと
日々の厳しい環境の生活が
少しでも楽であるように

ひと針ひと針に
母の愛と守りが込められている宝物

大切そうに見せてくださいました



そんな若い頃を過ごしたとは思えない
おばあ様の穏やかな美しさ

昔の人の
玄米やタクアンなど
咀嚼する食生活が
日本人の精神を支えていたのではないでしょうか



耐えるとか
粘り強さとか
じっくり物事を考えるとか


そんなことも咀嚼回数に関係あるように
思えるのでありました





・・・毛糸からだいぶ話が離れちゃいましたね

お粗末さまです ( ̄^ ̄)ゞ

























スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK