FC2ブログ

ベストパフォーマンス

01-30,2017


IMG_2537_convert_20170130193226.jpg

ココロが震えた

久々に行ったお店が
とてつもない変化を遂げていた

「美しいもの」
そんな「こと」をひしひしと見せつけられた

何故「こと」なのか?

生き様に裏打ちされた所作と言っていいのか
店主の脳の中を覗き見した感じと言ったらいいのか・・・

この空間で起こった
すべての「こと」なのだ


今までも
好きな空気感だとは思っていたけれど

とうとう

人を寄せ付けないというか
好きな人だけしか寄り付かないというか

そんな領域になっていた。



イチゴ、柚子、ミントの炭酸ウェルカムドリンク
IMG_2540_convert_20170130193252.jpg
香りが際立つグラス

お水のグラスはオールドバカラ


そうだ・・・
お水はバカラのグラスで飲もう

仕舞い込んでおかず
日常使いにしよう

我が家のバカラのグラスも
久々にテーブルへ



ルネ・ラリックのスワンの花器
IMG_2536_convert_20170130193156.jpg
美しい




カトラリーは
IMG_2541_convert_20170130193317.jpg
オディオ社やクリストフル社の
貴族が使っていたアンティーク

器は、やはりフランス貴族が使っていた
オールドバカラ

お料理は
オマールエビのジュレ・カリフラワーソース☆




この器の前で陶酔死したい!と見惚れた
IMG_2543_convert_20170130193345.jpg
1800年代のマイセンの
無数のスノーポールの花があしらわれた器

美術館でもお目にかかれない逸品で。





1800年代の英国ミントンの皿
IMG_2544_convert_20170130193414.jpg
月の満ち欠けのように添えられたビタミン大根が可愛らしい

これに
トリュフのソースをたっぷりとかけて☆




スミレのシャンパンジュレ寄せ
IMG_2547_convert_20170130193437.jpg
器・オールドバカラ/ナルシスという椅子のデザイナーのもの

奥の友人の器は
ルネ・ラリックのライオンヘッド

友人に供された器はライオン・黄金など
始終「王様」のような器のイメージだったのが興味深い☆

これらの器は
すべて中世の貴族が使っていたものだそうな



美術館では
決して手に触れることのできない美術品で
食事ができるということ

フランス門外不出のソースが堪能できる
と、いうことで

国内のグルメはモチロン
フランスからも予約があるという


そんなことはツユ知らず

限定ランチだし予約混んでるし
ダメかも・・・と思いつつ

気軽にランチ予約を入れたら
たまたま予約が取れたのだけれど


今は一日 昼、夜一組ずつしか予約を取らず
増々予約が取れないということになっていた

いつの間に・・・。



美術館でも収蔵される器には

フランスで本物を知り尽くした店主が
静かに丁寧に謙虚に自己主張していた

中世の執事のように出迎えて
一人でやるのがベストパフォーマンスだと言う店主


美しい時間


その人にしか醸し出せないモノや空間



美しく丁寧
伝統美

本物に触れることの大切さ


いろんな意味で共感できて
自分のスタンスも再認識できた





そんな一日となりました。


































スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK