FC2ブログ

大人飼い

03-27,2014

本

イギリス人は
犬の飼い方に
自身のアイデンティティが
表れると考えている
と、聞いたことがあります。

かつてイタリアを旅した時
そのことを思い出しました。

特にミラノやローマなどの都市部では
飼い主と散歩する犬の姿に感銘を受けました。

石だたみの道を
ノーリードで
しっかりヒールができていて
カッコイイ~!

飼い主の靴、
磨き込まれていて
これがまた
カッコイイ~!

カフェでも
もちろんノーリードで伏せ。

飼い主は
ゆるりと談笑をしていて
犬が足元で
静かに落ち着いて待っている姿には
飼い主と犬との信頼と
それぞれの知性が溢れていました。

そこにまた
犬種にふさわしいカットが
ビシッと決まっていて
首輪やリードがシンプルで

犬という生きものを尊重している感が
たまらなくステキでした。


う~ん
日本人の飼い方・・・
恥ずかしい!?よね?
と、思ったものです。

えっ?
今の私?
できていませーん!
お恥ずかしいです。

でも、
目の当たりにした
あの光景だけは
いつも頭のどこかにあります。

だから
少しばかり飼い方に影響はあると
思っています。

さて
予告していた本が出版されました。

大人飼い?(買い?)
の、おススメ本です。

知性と経験が備わり
落ち着いて自分を見つめることができる。
そんな世代に向けているようですが

いえいえ

これは
どの世代にも目を通して欲しい。

冷静に自分を見つめ
犬種を選び
適切なケアをすること。

イタリア人に近づくために?

そんな感想を持ちました。









スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK