FC2ブログ

触れるモノ 其の弐

04-04,2016

IMG_1220_convert_20160404201735.jpg

今日は

二十四節気のひとつ「清明」であり
七十二候のひとつ「玄鳥至(つばめきたるころ)」

春霞も晴れて
空は明るく澄み渡り

季節は

春の終わりに近づき
そろそろツバメの姿も見え始める頃

・・・暦の上ではね。


仙台は

春と思いきや
春とは呼べない寒さがぶり返す

そんな毎日です

「ツバメ」の季語が使える季節とは思えません



・・・・


さて

手作りで石鹸を作りを続けることは
パティシエと近いもので

肘を痛める作業でもあります

ですので

いつだったかTVで観た
サダハル アオキのパリのアトリエの風景では
撹拌の様子がイチバンの見どころだった
と、いう変なワタシです

その番組の中で
肘を痛めないように
ウィスク(ホイッパー)を
テコの原理を応用して持つ位置を紹介していて

さすがプロ!
と、唸ったものです

中途半端な職人は
むやみに頑張って
身体を傷めてしまう

プロとは

自分が置かれた状況を
冷静に判断し
行動に反映できる人



・・・


中途半端なワタシは
自分のベストな体勢が
今ひとつ掴めず

なんとか
長く持ちますように
続けられますように
と、他力本願にて

鍼灸のメンテナンスに通っているのです

ひとくちに鍼灸といっても

納得のいく
マニアな先生に身を委ねているのですが

長く通うあいだに
先生が石鹸をお使いくださるようになり

客観的な視点での
ご感想などいただいています


・・・・


年初の会員様向けにのご挨拶に

石鹸でもプライベートでも
長年お世話になっている
東京の鍼灸漢方治療院の先生からいただいた
当方の石鹸が経絡に及ぼす影響を
少しばかり書かせていただきました

それとリンクするのですが

石鹸を使い始めてから
疲れの回復が早いのだそうです

そして

鍼灸の施術の時の感覚も
鋭敏になったそうです

こんなことを言うのもな・・・
と、思いましたが

東京の先生の

経絡の通りが良くなる
と、いう治験をお話しましたら


な・な・なんと!

お二方は面識がおありで


距離は遠いけど
見識が近い方ではないの~!

と、不思議を感じました



鍼灸、経絡は
皮膚からのアプローチを重要視します

特に経絡は皮膚の表層にあるといいます

だからこそ

何が
どう触れるのか

が大切だと言います





裸で直に触れるモノ

浴室とは
心も身体も裸

バスタイムは
優しい香りに身を委ね

裸の自分と
心と身体と
対話してみてはいかがでしょう?





今日は

湿気さむい清明の日でしたが
明日は春爛漫を期待したいものです


桜に気を取られて
見逃しがちですが


大好きな


柳の芽吹き
IMG_1242_convert_20160404201857.jpg
ピョンピョン跳ねる葉が愛らしい♪

ほんの
ひと時しか見れなくて

毎年
柳ウォッチャーしています


こんなふうに
IMG_1247_convert_20160404231937.jpg
しなやかに風に身を任せて

柳に風 ← ムキになってもしょうがない~

柳に枝折れなし ← 受け流す~


と、いきたいものですね^^





ふと、
なんでこんなに柳が好きなんだろ?
と、考える

周りに柳を語る友達はいない



そういえば
観音様が柳の枝を持っていたような
・・・
と、思ったら






楊柳観音は仏教界のお医者様?
の、ようですね(嬉^0^嬉)
   ↓
   






楊枝はここから来てたんですね!







「歯、磨いて寝ろよ~」
by いかりや長介



















スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK