FC2ブログ

寒卵酒

01-22,2016

IMG_1035_convert_20160122202530.jpg

「明日は大寒だから
 たまご酒仕込まなきゃ」

そんな会話が漏れ聞こえてきました。

ん?

何故に大寒にたまご酒?

初老の男性の会話に耳を澄ませば

大寒の日に
生卵とザラメ、焼酎を混ぜるだけ

その後

2年間熟成すると
なんとも言えない
トロリとした
たまご酒が仕上がるそうな

毎年造っているらしく
絶対2年間は蓋を開けちゃいけないそう。

冬の風邪予防と
風邪を引いた時のお薬にいいな~

大寒前日に
こんな話を聞くのもオモシロイ

と、目の前の出来事には
素直に反応して

さっそく
つくり方を検索してみたら

分量も手順も
聞いた話と
少々違う
・・・・
でも
何年も造っているという
リアルな話を信じて
小父さんレシピとしてみました

IMG_1041_convert_20160122202630.jpg

大寒の時季の卵は
寒さに備え
栄養を沢山たくわえているそうです

モチロン

平飼いの
外の環境に近い飼育環境の
卵を選びましたよ

大寒の日に造らなくても
大寒の日に産んだ卵でもいいらしいです

今の時季の卵は
滋養があるんですね


ひとつ
勉強になりました~



・・・・


今日はアロマセラピースクールで
IMGP0683_convert_20160122202733.jpgステキな額
月末の外部講座の打ち合わせ




いつも感激なのが
IMGP0688_convert_20160122202924.jpg
磨き込まれて飴色になった床

無垢の白木が
鏡面のように磨き上げれれていて
時間とともに飴色になり



皮のソファは
IMGP0685_convert_20160122203019.jpg
オイルや精油のシミが物語る

どれだけの方が
アロマの勉強をし
沢山の交流を重ねてきたのでしょう

飴色の床と皮のソファ
しっかりと時間を積み重ね
これからも
もっといい味わいになっていくことでしょう


こちらは
仙台の老舗スクールなのですが

私は
10年以上前
リニューアル前に
スクールに通っていました

この空間ができた時は
ここで習いたかった~
と、思ったものです。

でも、
今も講座のお話などいただいたり
修了生の方へ石鹸をお配りいただいたり

この空間にもご縁があり
幸せなことだと思います



・・・・


昨夜から空咳が出て
打ち合わせにゲホゲホも
と、ハーブティーや
岩塩でうがいしていましたが


今日は朝から
IMG_0844_convert_20160122202408.jpg
マヌカハニーを含み
少しずつ
喉に流し込むように食べたらですね

スゴイ効果!
まったく空咳が出ませんでした

まだ
棘のある小さいヤツが
喉に潜んではいますが。


緑の薬箱に

もっと強力なマヌカハニー
買っておかなくっちゃ!!









おまけ
IMGP0679_convert_20160122203148.jpg
お利口さんに車でお買い物待ちのコ

盗撮!

すごいモコモコっぷり(笑)





仙台、
なかなかに寒いです。
















スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK