ムーンフェイス

10-26,2015

IMG_0796_convert_20151026200404.jpg





IMG_0799_convert_20151026200504.jpg





IMG_0801_convert_20151026200712.jpg






IMG_0802_convert_20151026200826.jpg






IMG_0804_convert_20151026200942.jpg

「月よみの
 光を待ちて
 帰りませ
 山路は栗の
 いがの多きに」  良寛


越後の
国上山の
中腹の

ほんのひと間だけの
小さな庵「五合庵」に
独居していた
良寛さん

漢詩や和歌を詠み
書においては
今も沢山のファンがいますね



この和歌は

庵に訪ねてきた

親しい友人との語らいに
夢中になり

ふと
気が付いたら
宵闇となっていて
・・・・


月明かりが
山路を
明るく照らしてくれるのを
待ってお帰りなさい

栗のイガで
足元があぶないですよ

という歌。


月の輝く秋の夜に
思い出す和歌です



うんうん。

興がのって
ついつい話が長くなるの
分かります(笑) 

しかも

秋の陽は
釣瓶落とし

うっかりしてると
え~!こんな時間!?
となり・・・

ほっこりと温かい
気の合う人との会話も
秋の深まり
・・・・
お尻に根っこが生えるんですよ


ただし
良寛さんの時代との
大きな違いは

今の世の中
闇が無いコト

栗のイガの心配はご無用な
情緒の無い時代ですね

せめて

夜の森に潜む獣の気配や

煌々とした月明かりに
照らし出された山路など

想像してみたりしています




昨日の十三夜

キリリと冷え込んだ空気と
透明感のある夜空に

芯のある
高貴な女性を思わせる

白い月の光が

本当に綺麗でした

九月の十五夜
十月の十三夜
十一月の十夜

この三夜の月を見るのが

本来の
お月見なのだそうですね

特に
十五夜と十三夜の両方を見るのは
「無双」と言われて
縁起がいいとのことです




今月の季節の石鹸は
月の光がテーマ

この時季の月を仰ぐと
静かな気持ちになります

子供の頃の
他愛ないワンシーンを
思い出したり

疎遠になっている方を
思い出して
お元気かな?

なんて
考えたり

内省を促してくれたり

そんな
澄んだ秋の夜空を
石鹸で表現しています

秋は乾燥により
肺を傷る(やぶる)と言います

呼吸を深くし
肺を浄化してくれる精油を
配合しています


・・・・


私は
少し欠けたムーンフェイスの

十三夜や
十六夜が好きなのですが

お客様からも
「消え入りそうな下弦の月が好き」など
好きなムーンフェイスのコメントなど
いただいていて

月の話が楽しい10月です







秋のアロマセラピー
IMG_0810_convert_20151026201100.jpg
本当に菊好きだ~。






見つけると
必ず鼻突っ込みます^^
















スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK