FC2ブログ

絵本美術館のクリスマス☆

12-23,2017


20171220_115846_convert_20171223204817.jpg

夏に行った
絵本美術館から

クリスマスの招待状が届きました☆


今月18日まで
東京国立近代美術館で

この美術館の設計をした
安藤忠雄展がありましたが

アーキテクト好きな友達が観に行って

建築家としてだけでなく
その生き様に
痛く感動していました。


この仕事がきっかけとなり

建築が絵本をとおし
子供たちの情操教育になると感じ

大阪に絵本美術館を作る構想が
進行中のようです


そんな視点も含め
あらためて訪れた

絵本美術館では

空間と絵本を
時間をかけて
じっくり味わいました



今年のツリーは
ムーミン谷がテーマ


ひとつひとつのオーナメントが清楚で
20171220_115905_convert_20171223204916.jpg
洒落ていて





ツリーだけでも
20171220_115912_convert_20171223204854.jpg
見飽きません




たくさんの
クリスマスの絵本コーナーから

ふと目についた

この「アンジェリーナのクリスマス」
20171220_130003_-_繧ウ繝斐・_convert_20171223204947
絵も作もすばらしく可愛らしい



表紙を開くと
IMG_20171220_134945_750_convert_20171223205203.jpg
大人でも

一気に物語の世界へ☆



数冊の
クリスマスの絵本を読みふけり




ふと目をあげると
20171220_132804_convert_20171223205013.jpg
sky blue 
ocean blue

窓いっぱいの青が
目に飛び込んでくる


この美術館は
間接照明しかありません

ですので

自然光で本が読める時間帯しか
開館していません



次は
猫本コーナー

その次は
犬本コーナー



絵本との出会いは
至福の時間です



犬、猫それぞれチョイスしてみました
IMG_20171220_134945_753_convert_20171223205233.jpg
これが私のおススメです

絵本って
大人が読んだ方がいいですね

いや
読むべき

今の社会の価値観の
何がずれているのかが
シンプルにわかる

子供に
教える時のように
教わらないと

善悪や思いやりが
わからないであろう
現代人。




ジャズのリズムをバックに
ゆるりとしたテンポで
子供と女性が歌う
クリスマスソングが

優しい時間を提供してくれていて


前回同様

運営者の
あらゆる意味での

センスの良さと
豊かさを

感じました





・・・・





今年も
お疲れさんなワタシは

少し足を延ばし



雪の会津へ
IMG_20171221_222616_120_convert_20171223205257.jpg
出で湯にひたってきました


映画「聖の青春」を観て
いつか行きた~い!!と
ひと目惚れした宿

哀しく切ないシーンを
泣きたいぐらいに美しく演出した
宿・「向瀧」


なんと!
主演の松山ケンイチが
ロケ中逗留していた部屋を
ご用意くださいました


コーフンで眠れないんじゃないか?
と、心配したのは杞憂で

ぐっすり zzz... (笑)




今年も残すところ
1週間あまりですね


忙しなく駆け抜けた1年も
無事?終えることができそうです



今年も大変お世話になりました。(こはさん共々)



少し早いですが
みなさま、良いお年をお迎えくださいませ♡





*年末年始は12月29日~1月5日お休みをいただきます。




お時間があるときにでも
ご観くださいませ☆「この国の行く末」
       
 
      💛

















スポンサーサイト



めんこい。

12-13,2017


IMG_3439_convert_20171213215045.jpg

冷え込んでいます

鍋料理が恋しいこのごろですが

またまたワタシ
宇宙オーダーしたかな!?

定期便の発送日は
毎月てんてこ舞い

そんな日に届いた
本格、簡単「きりたんぽ鍋」セット!

忙しすぎて
食事もおざなりになりがちなこと

送り主は
透視していたらしい(笑)


先日に続き

またまた
小躍り♪


こんなお心遣いも
ひと味
うま味がON~


大好きなきりたんぽ鍋ですが
この日はお疲れ様な一日だったので

生薬をブレンドして
出汁パックに入れて

スープにポン!

滋味あふれる出汁を
しっかりと吸ったきりたんぽが
ホロリと口の中で崩れる



・・・・



包装紙がまた
めんこい

の。


郷土料理のプライドを感じるのだわ。

漫画の吹出しのような湯気
何か書き込むとしたら・・・

「んめぇ~ど~」か
「早ぐ、け~」

かな?

なんとか映えを狙って
売り上げを上げるより

秋田の郷土料理で何が悪い!
十分だべ

みたいな
ゆるぎなさ

包装やパッケージって
大きなメッセージ性がありますね。



・・・・



石鹸も

来年は

初心に戻って
手書きラベル復活の月も予定ありです

「山・川・草・木」
大好きなこの四文字を篆刻にして

みなさまにお届けいたします

自然と共生して
ひとつひとつ手で作って

そんな仕事をしていくことを理想として
作ったラベルです



・・・・



めんこい包装紙の写真を
撮っていたら





こはさんも
IMG_3445_convert_20171213215128.jpg
めんこく






何か
美味しいものが落ちてこないかな?と

ハイエナのお仕事しておりました^^;