FC2ブログ

ウキウキしてたら・・・!

08-17,2016


IMG_1923_convert_20160817180332.jpg

昨夜
スーパーへ買い物に行った際

いつものように
こはるを車の助手席に乗せ
買い物待ちさせていました

仙台の夏の夜は涼しいのです^^v

が・・・

昨夜は台風前の蒸し暑さ

夜でも
30度を切るぐらいの気温がありましたが

車内はエアコンで冷えてるし~
ある程度湿気も飛んでるよね

と、小一時間ぐらいの買い物
窓を開けない方がいいかな?


なんて。


買い物を済ませ
車に戻り
キーロックを解除して

いつもなら解除音に
すぐに窓からピョン!と覗くはずが???

姿が見えません
訝しい・・・

なんらかの異変を感じながらも
車に乗り込むと
助手席のこはるは寝ていました



目覚めたこはるは

程なく激しいパンティング(あえぎ呼吸)を始め
パットの温度を確かめたら熱い

これはイケナイーーー!!



エアコンMAXで
前肢持ち上げバンザイさせて
脇とお股(腋下と鼠蹊)に
強冷風を当てていたら
落ち着きまして

落ち着いてから
すぐにスーパーに戻り

カットフルーツコナーでスイカを購入して
水分補給させました


美味しそうに食べてた^^;


熱中症になるところだった!
仙台の夜なのに恐ろしい

というか

そんなに車内は暑くなかったのですよ。



・・・・



実は
こうなるには思い当たるところがあるのです

前日
蔵王の別荘にお呼ばれしていて
楽しい一日を過ごしたのですが

こはるは
朝からテンションMAX!

外に出てみたり
また室内に戻ったり

みんなにおやつをねだったりと

ずーっと休みなく
はぁはぁしながら楽しんでたのです

帰宅後グッタリするかな?
と、思いきや
なんだか余力があるような?
コーフン(心火)が冷めてなかったのね

翌日も朝はいつもの時間に目覚め
元気なコだわ!と思いつつ

それにしても

水を沢山飲んでるのに尿が黄色いな?
尿量も少ないぞ?

そんなことを思っていました

今考えれば
熱が体内に籠っていたんですね


尿の色の濃さは前夜から
頭の片隅で気にはなりつつ・・・

まぁ、大丈夫だろうと

私も心地よい疲れに
寝入ってしまっていたのですzzz




漢方の弁証では

「夏」は五行の「火」であり
五臓では「心」に対応します
そして感情の「喜」が過ぎると「心」を傷ると言います

・・・まさしく!
ウキウキしすぎ(笑)
しかも夏に!!


飼い主

愛犬の性質も漢方も分かってるのにね~(爆)
・・・・気をつけます^^;


と、いうわけで

「清熱」
「涼血」
「補気」
ブレンドのお茶と

当分おやつは
IMG_1846_convert_20160806204632.jpg
これ~



熱中症をもう一度おさらいすると

・体内の水分不足による血液量(陰液)の減少により
 血管拡張ができなくなること
・湿度が高いことにより体温調節ができなくなること

です。


今年は例年より
高齢犬の熱中症のお話をお聞きすることが多く

高齢になると体温調節機能が衰えるので

飼い主さんの
見極め(前兆を見逃さない眼力)と
初期の対応力(処置)が

病院に連れて行った際の

回復の速さや予後に

違いが大きく出るのだなと
感じています

そして日ごろから
五臓を整えているコは回復早し!!




まだまだ
厳しい残暑が続きそうですね

気を付けましょう。




夏の養生は
秋を快適に迎える準備でもあります


いつやるの?

今でしょ!


そして


今は
この先のことでしょ!













スポンサーサイト



ほんたうのしあわせ

08-10,2016


IMG_1861_convert_20160810213742.jpg

「雨ニモ負ケズ
風ニモ負ケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモ負ケヌ
丈夫ナ身体ヲ持チ

欲ハ無ク
決シテ怒ラズ
イツモシヅカニ笑ッテイル

一日ニ玄米4合ト
味噌ト少シノ野菜ヲ食べ

アラユルコトヲ
自分ヲ勘定ニヰレズ

ヨク見聞キシワカリ
ソシテ忘レズ

野原ノ松原ノ林ノ陰ノ
チイサナ茅葺ノ小屋ニ居テ

東ニ病気ノ子供アレバ
行ッテ看病シテヤリ

西ニ疲レタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負イ

南ニ死ニソウナ人アレバ
行ッテ怖ガラナクテイイト言イ

北ニ喧嘩ヤ訴訟ガアレバ
ツマラナイカラヤメロト言イ

日照リノ時ハ
涙ヲ流シ

寒サノ夏ハ
オロオロ歩キ

皆ニ
デクノボート呼バレ

褒メラレモセズ
苦ニモサレズ

サフイフ者ニ
ワタシハナリタイ」   宮沢賢治 




宮沢賢治の死後
遺品のジャケットのポケットから

この
雨ニモ負ケズの詩が書かれた
メモ帳が出てきました

この詩には
モデルとなる人がいたそうですが

法華経に深く共感していた
賢治の精神性が伺えます



この詩には

心洗われ

芯を正される気がするので

たまーに
引き出しの奥からこの詩を取り出し

自分の不甲斐なさに
さめざめと涙を流して

自分の憂さと
世間の憂さを晴らすのです


・・・・特に
何かあった訳ではありません^^;


皆さんの
心の憂さ晴らしはどんなでしょう~?




とても久々に
大好きだった岩手の山に行ってきて

岩手の大らかな自然と
大きな空が育む文化を再認識してきました


寄り道した国立天文台では
IMG_1891_convert_20160810214541.jpg
こんな見事な赤松が






IMG_1892_convert_20160810214624.jpg






IMG_1894_convert_20160810214654.jpg
南部赤松は岩手県の県木です

松は豊かさや長寿の象徴

この
伸び伸びっぷりに
元気をもらいました




さて

賢治が言う「ほんたうのしあわせ」とは?

「世界がぜんたい幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない」  農民芸術論 より

「なにもかも透明だ
水や光や風ぜんたいが
わたくしなのだ」 種山ヶ原 より

「すべてあるがごとくにあり
かがやくごとにかがやくもの」 青森挽歌 より

全体は一部を包括している
一部は全体を包括できない

当たり前のことなのに

個(一部)の幸せを追い求めてばかり・・・


そして
在るがままこそ美しいと言っています


大らかな岩手の自然は
大宇宙に繋がっているかもしれない?

宮沢賢治の作品は
岩手そのものですね





「ほんたうのしあわせ」は
それぞれに違うかもしれません


それでも


山川草木すべてが輝いて
在るがまま

そんな光景の中に居ることは
しあわせの原点なのだと思います


全体のしあわせのハカリは
身の周りの自然の様子でもありますね


・・・・


松枯れした山もありました

緑繁る盛夏に
茶色の枯れ木の山は
世紀末の絵のよう


ずいぶんと前から

将来、赤松は
岩手にしか残らないと言われてきましたが


とうとう
ここまで・・・


止めようがないのです












小さな輝きが
IMG_1851_convert_20160810213710.jpg
足元も覗いてごらん


と、話しかけてきました。































スイカ食べてます!

08-02,2016


IMG_1831_convert_20160802193758.jpg

~暑中お見舞い申し上げます~

天気予報を見ると

この先
連続の猛暑日のようです

とは言え
東北の暑さなんて
あっという間に過ぎ去りますが

今年はどうかな?

ついこの間まで涼しかっただけに
身体にこたえる蒸し暑さの仙台です


うだるような暑さの中で
たくさん汗をかいて食べる
スイカのおいしさ

子供のようにむさぼっています

スイカ日和
今年は当分続きそうです^^


さて

そんなスイカに多く含まれる
「シトルリン」という成分は

体内に一酸化窒素を生成し
その血管拡張作用によって

冷房による冷えが原因の
むくみ
肩こり
肌荒れ
などの改善効果があります

エアコン無しでは過ごせない今
うっかりすると冷えすぎていたりもします

でも

多少の冷房病なら
スイカを食べて
予防できるかもしれませんね?


更に「シトルリン」は
紫外線カットにも効果を発揮して
天然の日焼け止めでもあるようです

・・・そういえば

海水浴でスイカ割り!
定番の光景ですが
日焼けとスイカのセットじゃないの~☆



クレオパトラも
好んで食べていたというスイカが
美肌野菜とも言われるのは
「シトルリン」によるものだそうな

ますます食べなきゃー!



そして

体内の水分量を調整する
カリウムも多く含みますね

塩をひとつまみでミネラルバランスの調節!
身体が冷えすぎないようにもしてくれます


この猛暑

スイカ水分補給で
乗り切れるか?


・・・・



これも旬
IMG_1815_convert_20160802231520.jpg
八戸のフジツボ


近くに

青森郷土料理のお店ができて
取り寄せてもらいました

このフォルム・・・
何やら怪しいですが

味はカニ味噌に近い
濃厚な磯の味

なかなか市場に出回らず
お目にかかれません

久々に堪能



旬というわけではないけど~
IMG_1827_convert_20160802195953.jpg
馬産地、津軽の馬刺し

津軽ネイティブ馬種らしい・・・
白いのはタテガミ部分の脂

添えてあります

口の中に
品の良い脂の香りが広がります



マニアックな店主は
グルメ雑誌(全国誌)でも取り上げられるお方


お酒の品ぞろえも
なかなかです☆



猛暑でも衰えぬ食欲(笑)







みなさまも


旬のものを美味しくいただいて
夏を快適にお過ごしくださいませ~