FC2ブログ

深いぃ~

11-25,2015

IMG_0916_convert_20151125212051.jpg

とうとう
本格的な冬が
姿を現しましたね

さむ
さむ



国土の7割が森林の日本列島

名残の紅葉に雪
なんて
美しい光景も
あるのではないでしょうか?

落葉樹の紅葉メカニズムは
諸説あるようですが

ひとつに

太陽の光が少なくなると
樹全体で栄養を作る機能が落ち
樹の一部である葉を枯らして落とし
栄養を幹に集中させ蓄えるため

と、いう説があるようです

人も冬の発散しすぎは要注意
エネルギーを温存して
冬の寒さから身体を守りましょう

自然界から学ぶのが一番です

・・・・なので
毎日布団の中でぬくぬく
ミノムシでいいよ~の季節♪

と、言っても
適度な運動はせねば!

樹ではありません
「動」物ですからね^^




さて

先日仕込んだ「野生蜂蜜石鹸」
香りの変化が面白いです

いつものように

調香し
試作してからの本番です

調香は
結果にコミットということで

熟成期間を考慮し

仕上がり時の香りを
ベストに持って行く
ブレンドなのですが

今回のブレンドは
短期間での
香りの変化が著しい

むぅ~

何年創っていても

オモシロすぎる

もちろん
良い方に変化しています

馴染み具合
落ち着いて行く過程が

違う

個性があっていいわ~


仕上がりが楽しみです♪


・・・・


先日

こはるのトリミングをお願いした
ドッグサロン「nicco」さんが

ブログに
こはるの動画を
載せてくださいました





動くめんこちゃんも
観てやってくださいね^^
  ↓
  



















スポンサーサイト



雪が降る前に

11-18,2015


IMG_0869_convert_20151117173143.jpg

山形県
庄内へ行って来ました

雪が降り始める前に
見ておきたかった
「丸池様」を目指して

先ずは

出羽富士、鳥海山の麓
土地のご神霊様にご挨拶。

小雨そぼ降る境内ですが

銀杏の見事な黄金色が
明るく出迎えてくれました


境内は
IMG_0863_convert_20151117172919.jpg
落ち葉の毛布を纏い

大地も
冬を迎える準備が整っているかのようです



国歌「君が代」に歌われる
IMG_0866_convert_20151117173039.jpg
さざれ石の巌となりて~♪
の、さざれ石

岐阜県の天然記念物が
奉納されていました

さすが!
出羽一の宮です



さあ
目指す丸池様へ



こちらが丸池様
IMG_0875_convert_20151117173505.jpg
周囲は原始林となっており
保護区域です

小雨模様でもこの蒼さ

鳥海山からの伏流水
湧水だけでできている池

緑が鬱蒼としている季節だと
まるで「もののけ姫」の世界なのです!

年内に見ておきたかった
年内に見ることができて良かった~

なんとなく
行きたいな・・・

そのうちね

を、クリア!



ポコ ポコと湧き出す
豊かな水

細胞にも浸透してくるような
愛おしい水


周辺の水路には
IMG_0871_convert_20151117173323.jpg
藻が美しくなびいています

初夏には

梅花藻の花が
水に漂う妖精のように
咲くはず

来年は梅花藻に会いに来よう
と、誓う


林道からそれた道なき道の先に
IMG_0886_convert_20151117174050.jpg
小さなお堂が




丸池様を見下ろすように
IMG_0878_convert_20151117173658.jpg
こんな磐座が祀られています




よく見ると
IMG_0883_convert_20151117173846.jpg
磐座を持ち上げているのは
ウミガメ!?




帰りに駐車場付近で見つけた
IMG_0891_convert_20151117174236.jpg
ウミガメ!?のような苔


・・・・
なんとしても
ウミガメに持って行きたくなってますね^^;



・・・・




庄内、酒田と言ったら
日本一の豪農で豪商の本間家

江戸時代
「本間さまには及びもせぬが
 せめてなりたや殿さまに」
と、謳われたほどの名家


本間家旧邸に立ち寄りました
IMG_0893_convert_20151117174457.jpg
見事なかぶり松です





かぶり松は
IMG_0896_convert_20151117174616.jpg
家が繁栄すると言われていて
縁起がいいですね^^




何百年生きているんだろう・・・
IMG_0898_convert_20151117174803.jpg
大理石のような感触の
不思議な樹肌の松です。




IMG_0904_convert_20151117174857.jpg本間家の金庫

本間家は
収入の8割を領民のために使い
領民と領地は豊かに栄えたといいます

「領民も豊か」
が、ポイント!!

酒田は
何度も大火にみまわれていますが

領民たちには
本間様だけは守りたいとの
強い思いがあり

この旧邸は守られたようです


そして

窮乏した米沢藩の
財政立て直しで有名な
上杉鷹山公を支えたのも
本間様だったといいます


お金の使い方に
徳の高さが出ていますね
人間力も出ていますね



北前船が寄港し

活気があふれ
賑わっていた
江戸時代の酒田を思い起し


庄内を後にしました





友達が車を出してくれて
雨の中
往復運転もしてくれて

私は
ありがとうの

ご飯当番をさせてもらい
IMG_0892_convert_20151117174338.jpg庄内ブタのソテー
久々のル・ポットフー

酒田マダムの視線も気にせず

長靴履いて
ヤッケ着て行きました^^;
老舗のフレンチレストランです






今年も終盤

雪が降り始める前に

あとどれぐらい
散策できるだろう・・・












ワイルド

11-09,2015

IMG_0847_convert_20151106152020.jpg

個性的なハチミツ。

マハトマ・ガンジー提唱プロジェクトで

インド政府が

森林保護と
少数部族の保護を目的に
事業として行っている
ハニーハンティング

デカン高原中央部の奥地で

野生蜜蜂たちの
生命を奪わぬように

幼虫のいる範囲を残して
採取されるとのこと

残された蜜蜂は
巣を何度も復元作業し

蜂たちは
さらに

蜜を盛んに集め
樹木や花の受粉に役立ち

生態系は守られ
森は生き続け

環境保全となるそうです



創作意欲をかきたてる
このハチミツ。

・・・

ハチミツは
皮膚表面に保護膜を作り
保護、保湿してくれますので

乾燥する季節には
何らかの蜂蜜を配合することが
多いのですが

近年
蜂の大量死の問題もあり
養蜂家は抗生剤を吹きかけてますね

蜂の大量死問題は
ゴルフ場の芝生に撒かれる殺虫剤
ネオニコチノイドが原因だとか
いろいろと言われていますが・・・

輸入したハチミツの方が

輸入の際の検疫で
検査基準が定められていて
水際対策ができているかな?

なんて
思うところがあったりします


基本

私が使うのは
信頼できる養蜂場の
国産ハチミツ。

単花から採蜜する
西洋蜜蜂の
桜や栃、蕎麦蜜

日本蜜蜂の
百花蜜なんかも使います

が・・・

○○蜂蜜石鹸~
みたいな

ハチミツ全開な石けんを
作る気にはなれませんでした



しかーし

出会ってしまった~~~♪

モチロン抗生剤なんて
検出されて無いどころか

特殊な熟成が施され
ミネラル、アミノ酸豊富♪


お味は?さすがインド!
IMG_0850_convert_20151106152221.jpg
ピリリとスパイシーでコクがあり

珈琲に
なまら合う ← 急に道民!?

インドの森には
スパイス系の樹木や花々が
咲き誇っているのでしょうね



真冬に向けて

個性的な
好い石鹸創ります☆

そして
石鹸講座内の
蜂蜜のテイスティングに
新アイテム加わる!




・・・・



晩秋の弱々しい陽射し
冴える紅葉の彩



ほっこりカフェ
IMG_0812_convert_20151031204525.jpg

なかなか予定が合わず
ようやく会えた友人が
ちょっとお疲れモード


美味しい物食べて
IMG_0817_convert_20151031204631.jpg
元気出そう

と、漢方スクール同期の友人がメニューに関わるカフェbjork

こちらのカフェのお水は
こはるも飲んでるπウォーター(人間用です)
を使っています



さて、友達はというと
一緒に寝ている愛犬が
カユカユで
ワンコも友達も
今ひとつ熟睡できないと
・・・・
病院からは

痒さが酷くなってきたら
薬用シャンプーで洗うように
と、指示されていて

それでも
一向に治る気配が無い

とのこと

で、

内側からの体質改善と ← 時間かかります
外からのケアを提案してみましたら~ 


2週間ぐらいで劇的改善の
IMG_0854_convert_20151106152326.jpg
マリリンちゃん^^


動物病院で改善が見られなかったら
是非とも
お家ケアもして欲しい!

ある期間改善されず
一向に治らなかったら

治療や見立てが
間違っているのではないですか?


間違った治療は
身体に負担をかけます

そして
次第に何が原因かも分からなくなります



小さな命
大きな存在



いつまでも元気にね☆