FC2ブログ

ご~や~

03-30,2014

石鹸ゴーヤー

あっという間に
今月も終わります。

今月も
いろいろなことに
追われていました。
ふぅ~。

来月も
いろいろ満載なので

ゴールデンウィークには
ゆっくりと
じっくりと
試作や溜めこんでいた仕事が
出来るかな~と
期待しています。


今月は
ゴーヤーを練り込んだ石鹸が
たくさん生まれました。

私たちが食べる
ゴーヤーの
未熟の緑の部分は

ビタミンCを多く含むし
毛孔のひきしめや
汗を抑える作用があるようですね。


解禁は
ゴーヤー
どどーん!!
夏にはこんな感じでお目見え。

油脂や
香りも
もちろん夏・なつ・なつ~

と、
いうわけで気分は夏
の、3月でした。

おまけ
糠漬け
私の大好き糠漬け
トップ3の盛り合わせです。

夏はゴーヤーの糠漬け
最高です。

レモンを絞って
オリーブオイルをかけて
ブラックペッパーを少々
が、自分流。

書いていたら
むしょーに
食べたくなってきました。



ごくっ。







スポンサーサイト



大人飼い

03-27,2014

本

イギリス人は
犬の飼い方に
自身のアイデンティティが
表れると考えている
と、聞いたことがあります。

かつてイタリアを旅した時
そのことを思い出しました。

特にミラノやローマなどの都市部では
飼い主と散歩する犬の姿に感銘を受けました。

石だたみの道を
ノーリードで
しっかりヒールができていて
カッコイイ~!

飼い主の靴、
磨き込まれていて
これがまた
カッコイイ~!

カフェでも
もちろんノーリードで伏せ。

飼い主は
ゆるりと談笑をしていて
犬が足元で
静かに落ち着いて待っている姿には
飼い主と犬との信頼と
それぞれの知性が溢れていました。

そこにまた
犬種にふさわしいカットが
ビシッと決まっていて
首輪やリードがシンプルで

犬という生きものを尊重している感が
たまらなくステキでした。


う~ん
日本人の飼い方・・・
恥ずかしい!?よね?
と、思ったものです。

えっ?
今の私?
できていませーん!
お恥ずかしいです。

でも、
目の当たりにした
あの光景だけは
いつも頭のどこかにあります。

だから
少しばかり飼い方に影響はあると
思っています。

さて
予告していた本が出版されました。

大人飼い?(買い?)
の、おススメ本です。

知性と経験が備わり
落ち着いて自分を見つめることができる。
そんな世代に向けているようですが

いえいえ

これは
どの世代にも目を通して欲しい。

冷静に自分を見つめ
犬種を選び
適切なケアをすること。

イタリア人に近づくために?

そんな感想を持ちました。









ひゃっほ~

03-25,2014


おります。
IMGP2765_convert_20141126225630.jpg
ポツンと!



おいで~。
IMGP2773_convert_20141126225720.jpg
来た~!来た~!


と、
思ったら・・・
3.jpg
匂いに
そそられる。(笑)


思い出したように
4.jpg
また来る!


Bau Bau
5.jpg
もう少しだよ~



来たから
6.jpg
おやつ下さい!
ですって。


よ・う・や・く
ポカポカな
こはる地方でした。

久々に
思いっきり走ってもらいました。

寒さと
忙しさを理由に
思う存分遊んでなかったね。

後ろめたさと
自分の運動不足を

少しばかり
解消した一日でした。
(byこはるの親分)

10.jpg









春だというのに・・・

03-20,2014

大雪

明日は春分の日だというのに
仙台は午後3時頃から
雪降り。

たった一時間でこの積もり具合です。

春先のなごり雪というには
勢いがありすぎです。

春の雪らしく水分を含んだ雪ですから
陽ざしがあればすぐに融けますね。

春の準備をしている樹々も
冬の樹皮を脱ぎ去るのは
まだ先のようです。


ストーブから離れられない女子。
鉄瓶

震災後
エアコン暖房や
温風ファンヒーターを
やめました。

あの吹き出す風が
好きではなかったんだな・・・
と、やめて気づきました。

こはるの
長時間のお留守番の時は
安全のために使っていますが。

対流式のストーブ、
電源を使っていなくても
40Wの明るさがあるストーブ。

炎のゆらぎや
炎の温かさに
すべて、
まぁるく
包みこまれて
心地よい。

不便を体験して
モノを選ぶ基準が変わりました。

モチロン
良い方に。
(と、思い込んでいる)

鉄瓶から
シュン シュン
と、お湯の沸く音がしています。

もう少し
お世話になりそうです。



シュン シュン シュン・・・







茶筒

03-15,2014

茶筒

ブレンドをお願いしていたハーブティーが届きました。

今回は
視力低下と眼精疲労にアプローチするブレンド
を、リクエストしました。

東洋医学では
目は肝臓と関係が深いとされているので
肝を養うハーブのブレンドもお願いしました。

どうせハーブティーを飲むのなら
自分にジャストフィットするものが望ましいと思います。

オーガニックハーブを
プロにブレンドしてもらうことが

特別ではなく
あたりまえに
普通になって
西洋の薬草茶が
ちゃぶ台に置いてある日が来ればいいのに。

こんなことを思う私、
茶筒が好きです。

お茶も
コーヒー豆も
お菓子も
いろいろ入れてしまします。

話は飛びますが
先日、
くづ切りを食べてきました。

くずきり
京都で時間があったら
必ず食べる
大好きなくづ切りです。

こちら
老舗の和菓子屋さんで
店舗奥に喫茶があります。
(四条本店を覗いてみてください
 以下の文章を分かっていただけると
 思います)

黒蜜に使用している黒糖は
波照間島産。

何を隠そう
私は波照間の黒糖ファンなのです。

石鹸に使う黒蜜も
波照間の黒糖を
とろとろと煮込んでつくります。

帰りにショーケースを覗いたら、
いちばん下の段に
茶筒に入ったお干菓子が。

茶筒、
いかにも職人さんが造ったような風情。
幅広で高さが低いタイプ。
・・・欲しい。

お値段、壱萬壱千円 也。
・・・欲しい
・・・茶筒。

じーーーっ。

ショーケースの奥から
お店の人の視線。

じーーーっ。

銅製
真鍮製
ブリキ製

どれもいいな。
どれも手入れが必要な素材。
手入れしながら
大切に使おう。

じーーーっ。

観光客がふらりと立ち寄るようなお店ではありません。
品数も少なく
来店客はお目当てのものを買って
早々に立ち去ります。

じーーーっ。

・・・どうしよう。

迷うなら
次回にしよう。

一番うえの段のお干菓子を
何セットか購入して帰ったとさ。

お粗末でした。







海の記憶

03-11,2014


浦和歌の


幼いころ
両親に連れて行ってもらった海水浴場。

丘の上の公園から見下ろす
活気ある港町の光景。

こはると散歩した
のほほんとした春の海浜公園。

震災から3年が経って
仙台は一見落ち着きを取り戻したかのようですが、
失ったものの大きさと虚しさが
波のように、
引いては押し寄せる繰り返しです。

取り戻すことのできない
平和で穏やかだった海の記憶がフラッシュバックする
3年目です。

震災直後の悲惨な記憶より
こんな方が多いそうですね。

私の感情も、
平均的な経年変化をしているようです。

先週、
万葉人が憧れたという
和歌の浦(和歌山市)の海岸をそぞろ歩いてきました。

紀州徳川家による海辺の庭園には
海水を引き込んだ
めずらしい汐入りの池があり
池の住人が
海の貝や小魚で
興味深く覗いて来ました。

厳しい海からの試練はあったけれど
やはり
海はいいな~
と、楽しみました。



今日は、こはるの防災チェックの日。
迷子札

想定外の地域に
想定外の竜巻
想定外のゲリラ豪雨
想定外の豪雪

想定外の・・・

想定外を想定しなければなりませんね。

想定外の時のこはるの行動とスピードを
想定。

ややこしいですね。

迷子札をしっかりチェック。
家の中でもモチロン首輪はつけています。

それと、
ペットシーツ、
フード、
水、
救急用品。

車の中も同じようにチェックし直しておこう。

ケージやクレートを置いている場所は
何か倒れてこないか?
落ちてこないか?
も大切です。

「津波てんでんこ」で自分の命は自己責任。
とっさに判断できるように準備しましょう。

想定外だった
と、言わないように。

震災を無駄にしないように。








予告です。

03-03,2014

Read more...

冬の名残り

03-01,2014

芹しゃぶ

猫に、またたび
牛に、あしたば
馬に、にんじん
鶏に、はこべ
鳩に、豆

それぞれが、
好んで食べる。

薬(薬草)が身体を改善することは
本能レベルでセットされています。

冬の私には、芹。
今シーズン最後の芹しゃぶです。

いつもより、
少し根が黒ずんでいるのは
先ごろの大雪のためでしょうか?
シーズン終わりだからでしょうか?

比内地鶏のお出汁でしゃぶしゃぶ。

鼻に抜ける、
根の爽やかな香りと風味。
歯ごたえ。

う~!
スゴイ!!

根の香り、
キングオブ香味野菜です。

この時ばかりは
行く冬が名残惜しいのです。

次の冬まで、
暫しの別れを楽しみました。
もっきり
お供は、
地酒のもっきりです。


弥生。
弥や(いよいよ)春の気、
生まれる月。

さて、
春の美味しい本能に突き進むとしよう