FC2ブログ

yojo press にご紹介いただきました。

11-18,2018

20181111_173818.jpg

私が所属する
日本漢方養生学会の会報誌に

漢方をペットにどのように活用しているか?
そんな内容を盛り込んで

と、ご依頼があり
20181111_173639.jpg
記事を書かせていただきました。
と、いうより
ご紹介いただきましたですね^^v

ペットも私たち人間同様
健康志向となり

可愛く着飾る愛玩動物から

内側から可愛らしく
と、飼い主さんの認識やご要望も
健康美が一番なこのごろ

体質に合った食餌管理や
ンシャンプー剤へのアドバイスを求められることが
多くなっています


そんなペット市場を見込んでか?
アロマやハーブ
ホメオパシーやレメディ
マッサージに至るまで

ペットたちの自然療法は
競うように

あの手この手のビジネスが乱立しています。



でもね

何か足りないと思うわけです。

それは個体差をちゃんと読み取れているのか?という点
モチロン、マニュアルどおりカウンセリングもしますよ

でもね

私みたいなマニアには
どこか腑に落ちなていなくて・・・

それを解決してくれたのが漢方の弁証力です

まだまだ
開発途上ではありますが
経験を重ねていきたいと思います。

奥が深くて
そこに面白さを感じる伝統医学!!

ワタシ、向いてると思う
うんうん。
難しいけど、向いてる

と、自分で呟いてみる

好きだというだけですが^^;



・・・・・・



こはる地方は
晩秋から初冬の様相



20181111_173436.jpg








もて遊ばれて
20181111_173507.jpg
おそらく









迷惑・笑














スポンサーサイト

アカツメクサ

05-24,2018



20180520_163515_(2)_convert_20180523114125.jpg

こはる地方は
シロツメクサや
アカツメクサが
花盛り

お散歩中に
風に乗って届く
シロツメクサの香りと
五月の空気を
胸いっぱいに吸い込みながら


今日も
20180520_163334_(2)_convert_20180523114101.jpg
爽やかにお散歩♪

女子な koha さん

アカツメクサを
食べようとしたりしています

アカツメクサ(レッドクローバー)は
女子には欠かせない
レディーストラブル改善ハーブなのです

いつも思うのですが
本能で雑草の中から
ハーブを選んでいるな・・・と。


ハーブ探索犬に認定!




飼い主は


この時期を逃すまいと
IMG_20180520_223722_449_convert_20180523114221.jpg
花摘みに精を出しています

ドライハーブの準備です。



この時期しか食べられない
20180520_194024_(2)_convert_20180523114946.jpg
レッドクローバーのフレッシュ

三杯酢で食べてみました



ついでに


シロツメクサも
20180510_151539_(2)_convert_20180523114004.jpg
シロツメクサの






花飾りではなく・・・
20180510_152211_(2)_convert_20180523114031.jpg
茹でて、三杯酢
    ↑
やっぱり食べるのかい!!



少しは
20180510_151241_convert_20180523113912.jpg
飾ってみたりもしますのよ







お味は

シロツメクサの方が
口に含んだ時の花の香りの広がりが
いいです

でも
食感が悪いので
お薦めいたしませんん


やはり
ハーブティーでいただくのがいいですね


と、花摘みに忙しいこの頃です♪



皆さまも

レッドクローバー
喜乃茶にプラスしてみてくださいね







雑草を食べる・・・
大丈夫か?





安心してください




犬のピッコがかからないエリアで摘んでます


















from Dubayy

02-26,2018


20180219_095354_(2)_convert_20180223095421.jpg

友達からのドバイ土産

ナッツがサンドしてある
デーツとイチジク

ナッツを挟んで食べるのは初めてですが
これが素晴らしいマッチング

程よく酸味を残し
ねっとりとした食感のセミドライの
デーツ(棗・ナツメ)とイチジクには

それぞれ

クルミ
ピスタチオ
ココナッツ
が、サンドしてあります

噛むほどに口の中で混じり合い
複雑、濃厚な美味しさが広がります

一粒で十分満足の美味しさ

お腹じゃなく
脳が満足する食材といった感じです



以前
オマーン大使館の料理教室に
参加したことがありますが

ドバイとオマーンは隣あっています

中東は
豊かで穏やかで
食も充実しているのだな
と、改めて感じます



さて
デーツは

春の養生に欠かせない食薬です

春は

肝・腎を強化し
解毒を促し
身体を目覚めさせなければなりません

デーツは
気を補い
肝気を巡らせます

そして血液を増やすことにより
春に特徴的なイライラ、
憂鬱を解消します


そいうえば・・・

少し前
瞼がピクピク痙攣していたことがありました
いつもはしないのに


これは春に出る
身体の不調のサインです

春は冬に溜め込んだ老廃物を出そうと
肝の働きが高まるのですが

高まりすぎ状態 
(肝風内動)

そ・こ・へ~
絶品デーツが届くとは☆

ナッツは補気食材ですから
デーツ&ナッツ
肝風内動には持って来い!

なんて良いタイミング!?



体調も
季節とともに変化します

まだ寒い日はありますが

日照時間がだいぶ長くなり
身体はしっかり春モードになっています

自分の身体が教えてくれるサインを
ちゃんとキャッチしながら

四季折々
心身ともに

元気に過ごせたらいいですね









Koha さんにも
様子を見ながら

そろそろ
春の養生に切り替えてあげないと



先ずは
いつものお茶にナツメをプラス♡




と、

モチロン愛も山盛りプラスです♡



















冬を迎える準備

10-27,2017


IMG_3339_convert_20171027103652.jpg

夜になると冷え込みが・・・

季節が
一歩一歩進んでいます。



秋口から増えてた入浴剤のオーダーも
急加速!

みなさん
寒さ対策を始めているようです


なるべく自然に近いもの
・・・
いや、自然そのものの力をお借りして

ペット家族も一緒にぬくぬく
元気に冬を迎えましょう~



もうすぐ
立冬・・・

暦のうえでの季節替わりって
意外と大切なの


身体はちゃんと感じているのですよ


冬の養生キーワードは
「補腎」


腰を温める

恥ずかしがらず
毛糸のパンツと腹巻!!

これ必須~




ほかに

ワタシは
こんなものを準備しています



黒豆酢
IMG_3326_convert_20171027103505.jpg
冬は黒色食材ですよ

黒豆
黒ゴマ
クコの実
黒糖


そのままでも美味しいし

黒豆はサラダに散らして
酢は、ドレッシングビネガーとしても最高です






こはるにはこちら
IMG_3188_convert_20171021112237.jpg
夏に作り置きしていた「スイカ糖」


毎日少しづつお水に溶いて与えます







カサカサ対策には


お店立ち上げの時に
仕事をさせていただいた

京都しゃぼん屋さんの

バームが
IMG_3316_convert_20171021112056.jpg
秀逸です☆ (主にリップクリームとして使用♪)

フタを開けると

京都水尾産の
高級柚子の香りが
りしっかりと鼻腔に届きます

柚子は本来
香りが揮発しやすいのですが

水尾柚子は
香りが強い柚子です


容器も好いです

これからの冷え込む季節に
手のひらに伝わる木肌が優しい









こはるの肉球ケアも始めました
IMG_3351_convert_20171027103955.jpg
いつもお世話になっている perro&gato さんのもの

実は
ワタシのかかとクリームだったりもして^^



カサカサ対策も
怠りなく


冬支度。







昨日の散歩道


メープルシロップのような甘い香りを辿ってみたら
・・・・


桂の木が
IMG_3344_convert_20171027103808.jpg
色づいていました






教会の壁がスクリーンに☆
IMG_3346_convert_20171027103841.jpg
秋の午後の日差しが
街路灯を映し出していて

ヨーロッパの街並みたい


と、急に
欧米人風お散歩モードON



一瞬でも
こんな感覚になるのって好きだわ・笑













夜のこはるは
IMG_3331_convert_20171027103619.jpg
ムーミン谷を







散策しております。















猫の髭

09-10,2017


IMG_3168_convert_20170910202038.jpg

ピンと飛び出した雄しべが
猫の髭のような

「猫の髭」



ふらりと立ち寄った
花屋の店先で見つけました

清楚で個性的

雄しべの先っぽに
IMG_3167_convert_20170910211542.jpg
ポツリと濃い紫をあしらって
なかなかのオシャレさん

この

ほんのかすかな差し色
紫のポチが

花全体に気品を持たせているのだわ

と、見入ってしまう

・・・・。 




この植物には
「クミスクチン」という名前もあります

クミスクチンは
マレー語で猫の髭という意味だそうな

・・・・


グァバ、ウコンと並ぶ
沖縄3大薬草のひとつで

腎虚証のペットに薦めることが多いハーブですが
人用のお茶ですので
濃度や与え方は注意が必要です。


晩秋~冬に向かう時期は
腎、膀胱が養生のキーワード


我が家でも
こはると一緒に

養生のひとつとして
欠かせない薬草となります





美しい
IMG_3156_convert_20170910201755.jpg
見ていて飽きません


花は次々と咲きますが
散りやすく

鉢の周りに
ポロポロと白い花が落ちます

花、葉、茎
すべてお茶になりますので


散ってしまう花が名残惜しく
IMG_3183_convert_20170910202119.jpg
捨てずに水に浮かべ
日に当ててみました


花のエネルギーを転写させたお水
丸く甘い水となりました






もう少し
目で楽しんでから
刈り取って乾燥させて

お茶にしようと思います





ひと足早く
冬の準備はじめてます☆