FC2ブログ

紐解き

11-20,2020


20201114_214326.jpg

小春日和が続いておりました

実はワタシ11月が大好きです
日暮れは早いものの

穏やかな天候で
紅葉も美しく
美味しい実りが沢山



仙台は公園の紅葉が美しく
積極的お散歩の日々です





20201114_125122.jpg







20201120_152820.jpg





20201120_152805.jpg





怠け者にとって確実に運動不足になる

寒い冬。


今でしょ!筋トレ!
と、飼い主も一生懸命歩いてます


・・・・


さて
話は変わり

実家の畑に見慣れぬ花が群生していました

祖母が作っていた小さな畑も
祖母亡きあと
放置状態の荒れ野原

手をかける人がいないと
こんなにもなるのか・・・
と、いつも寂しく眺めています

かといって
気持ちはあるのですが
私もやらない(汗)

年に何度かシルバーさんに
雑草を刈り込んでもらっています

今回も
あ・・・あぁ・・・
と、思いながらも横目で見ないふり

の目の端に
薄紫色の花が見えたような?

ふと見ると
見たこともない花の群生

どこからか飛んできたんでしょうね

ん?なんだか鮮血のように赤い線が入ってる
怖いー! おどろおどろしいー!
毒々しいー! 気味悪いー!
逃げ帰ろうかと思いましたが

写真だけ撮っておこうと
20201114_125350.jpg
パチリ





鮮血のように赤いものは
20201114_212134.jpg
どうも雌しべのようです

なんだ?なんだ?
と思いながら帰路につき

メールボックスを開けたら
お客様からの郵便物が・・・

一息つき
先ずは花アプリで花を検索!

お~☆
サフランじゃないですか~
薬用植物!!

あの鮮血のように赤い雌しべは
血液を浄化し
巡りを改善し
身体を温める

スゴイお宝じゃないですか
ひぃ~~~


と、思いながら
お客様からの封書を開けました

その中に
こんな一文が

「荒野と乾き切った土地は歓喜し
 砂漠平原は喜びに満ちてサフランのように花を咲かせる」
イザヤ書 35:1

環境問題の解決について記された
聖書の一節です

ワタシはアロマセラピーやハーブ療法を
日本や世界各地に古代から伝わる神話で
紐解いています

人類は古代から植物によって生かされてきました

そんなワタシを知るお客様からの封書

あまりのタイミングの良さに
鳥肌が立ちました


【サフラン】
・花言葉 : 歓喜 過度を慎め 濫用するな 不老長寿
・生薬名 : 番紅花
・適用 : 更年期障害 月経困難 月経過多 無月経 冷え性 など

漢方には「似類補類」と言って
生薬の形状は人の身体の部位と対応して
薬効を現すとされる考え方があります

サフランの色ははまさしく
鮮血 

血液全般に良い効果がありそうです
でも花言葉にあるように
濫用や過多の服用は慎みたいですね

歓喜もほどほどでいいかな?

それにしても
聖書の一節には驚きました
「喜び」というサフランの花言葉が
大地の喜びの表現となっています。

医学の祖ヒポクラテスが
サフランを歓喜の花と言ってもいるようです

喜びや歓喜(興奮)を漢方では
「心」の臓腑と関連する感情と言います

まさしく血流


ユーモア(humors)の語源は
ラテン語で「血流」の意味があるそうですが

喜び(笑顔)により血流が良くなり

サフランが花を咲かせる世の中となると
いいですね





では~


そろそろ冷え込みそうですね


20201114_125700.jpg



ぬくぬく準備怠りなく~~~



20201114_125639.jpg

準備完了の図












スポンサーサイト



色づきはじめました。

10-19,2020


20201018_231320.jpg

紅葉シーズンが盛りになると
平日でも
どこもかしこも大賑わい

渋滞が嫌いなワタシは

少しフライング気味ではあるものの
色づき始めた山々で大満足であります





20201018_231358.jpg







20201018_231654.jpg
こちらは宮城県内ね





そして




岩手では
20201010_082544.jpg
黄金色の棚田と岩手山~


美しいな。



ふらりと思いつき旅の道連れは
20201010_082705.jpg
西郷どんの如く
一頭の犬。


道の駅や産直に寄るたびに
何買ったんですか~?
と、美味しいものチェックを受けます


ただ見てくるだけだよ・・・
20201010_082748 (3)
とはならないのはいつものこと^^;

限定品の浜千鳥があるじゃないですか!

つい最近
浜千鳥を熱く語った記憶があるだけに・・・


そして

明らかにパケ買い狙いなアルミ缶もありまして
ちゃんと狙いどおりになってあげました(笑)




こちらの道の駅は
20201010_082830.jpg
岩手県内のすべての酒蔵のお酒があります

南部杜氏の居る町なのです

杜氏の中でも
高い酒造りの技術を保持する
南部杜氏の家業は農業です

岩手の厳しい冬の農閑期
高度な酒造りの技術を持って
各地の酒蔵に出稼ぎしてきました

そして
それは今も続いているんですよ!







   
秋の味覚も
20201018_231506.jpg
忘れませんとも






アケビの天ぷら
20201018_231438.jpg
さて、どれがアケビでしょう?

なんてね。

ころもがしっかりしていて
見た目ではわかりませんね



・・・・・・



春はおそく脱ぐ
秋はおそく着る


冬を迎える身体の準備をしつつ






日々養生でお過ごしくださいませ~
















ハレの日

09-08,2020


20200908_134217.jpg

今日は記念日。

10年前の今日
Koha さんは大阪の伊丹空港から
飛行機に乗って仙台空港に着きました

当時のワタシは
大阪の動物保護団体の役員をしていて

その関係で引き取ることになった
保護犬の女の子


前日にお迎えに行き
はじめましてをして
翌日にワン生初のフライト


出会ったばかりの人に連れられて

たった40分あまりのフライトとはいえ
音や振動、気圧など
本当に怖かっただろうなと

思います。



新幹線ルートも考えました
ゆっくり移動で新幹線にするか?

恐怖は強いだろうけど
それを短時間のフライトで済ませるか?


どちらにしろ緊張はするわけで

・・・どうしようか?


毎年
あの時のことを思い出し

よく頑張って来てくれたね💛
とても嬉しいよ


とのお祝いも満10年☆~



今日は朝から
20200908_133038.jpg
レアの仙台黒毛和牛でした^0^/~

丹波地鶏の皮を湯がいたものも
ウマウマなんです






今日もお利口さんに
20200908_133925.jpg
マテできました


ハレの日

ケの日


お誕生日不明な Koha さんは
今日が記念日
ハレの日なんです

明日からまた日常
ケの日の養生ご飯に戻るけど

今日は特別
美味しいね


10年前のあの日の仙台は
どんより曇った
ちょっとひんやりとした日でした



今日はお散歩危険な34度
ジリジリ



床で
20200908_140410 (3)
モップになっていました~(笑)




推定12~13歳?


これからも

それなりでいいから






元気でいてね♪














白きくらげ

08-20,2020


20200819_174530.jpg

世の中が

どこに
どの地点に

収まるのか?

まだまだこの先も
混沌としそうですね



今のうちに形にしておきたいこと

打ち合わせや
会うべき人
行くべきところ

優先順位を決めながら
日々を過ごしていたら

ブログが後回しになっていました^^;


・・・・


さてさて近況です。


栽培が難しいといわれている白きくらげ。
フレッシュを食べたことはなかったのですが

たまに立ち寄る産直で
見かけるようになりました


プリっとした
20200819_174702.jpg
大ぶりな色白美人

日の出が遅くなり
少し秋の乾きが混じってくる今

しっかり体内に潤いを蓄えなければなりません

そんな時に見つけた
潤い食材の白きくらげ

なんと嬉しいことか~☆

使い慣れない食材だからだと思いますが
店頭ではあまり人気がないようで

見つけるたびに
こっそり買い占めて
湯がいて冷凍保存!!

うっしっし

夏しか出回らないでしょうからね
せっせと備蓄に励んでおります




仙台も残暑が厳しい(大汗)

小説家の辻 仁成さんが
パリの暮らしの中で紹介していた


『ピシーンヌ』
20200820_083856.jpg
大ぶりのグラスにたっぷりの氷
そこに辛口の白かロゼのワイン

フランスでは
こんな暑気払いをするそうです

お供の鉄板は生ハムメロンだそうですが

わたしは
20200820_084022.jpg
黄金桃とマッシュルームのサラダ
にしてみました^^v

猛暑も楽しみ方次第です

なんとか明るい時間から寛いでやるぞ!
と、執念をゴーゴーと燃やし

やっと人心地。



このお方も
20200819_174803.jpg
ウマウマを床に落としていただけないでしょうか~
と、相変わらずです・笑










なにも落ちてこないという
「落ち」なのでありました~

















遠退く・・・

06-25,2020


20200614_202633.jpg


自粛が緩和されて
近所のカフェも大賑わい



梅雨の晴れ間
20200614_202822.jpg
外での食事は解放感が最高です!



日ごろ引きこもり多めな仕事でも
閉塞感に弱いワタシは

なるべく

窓全開
換気扇で全体の風を回しながらの

引きこもりスタイル。


ですので「自粛」という言葉だけでも
息苦しい感じがしてしまいます




京都大学の再生医科学研究所で
ウィルスと宿主の共進化研究をしている先生が

自粛を煽る政治や
過剰な情報を垂れ流すマスコミが
国を潰すのではないか?

と警鐘を鳴らし

安全な
旅館や飲食店の形態もあることを
ツィートしていて

まったくだ!
と、思う内容なわけです。


大人だったら
ちゃんと現実を把握して対策して
経済も健全であるように行動すべきですね

自粛警察団に叩かれないように(笑)



コロナ禍だけが原因ではないでしょうが

今月は
良き仙台の一時代を作ってきたお店の
閉店が相次ぎます


良き時代が遠退きます。 → 


→ 



稲垣潤一さんがスカウト(確か東芝EMI)されたライブハウスも
閉店します → 


なんとな~く
明日が来るのが楽しみ♪

だった時代ってありましたよね?



なんとな~く
明日が来るのが不安 (笑)







テラスでランチをしたお店
20200614_202435.jpg
ちょうどスタージャスミンが
蔓を這わせて

清楚な小花を咲かせていました





花びらがくるんと丸まって
20200614_202513.jpg
姿はなんとも愛らしいのですが
香りはゴージャス

そこは
しっかりジャスミン





蕾も優雅で美しく
20200614_202545.jpg
リヤドロの陶器のような質感ですね








さあ。

世間と離れて
石鹸の世界に逃避しよう





逃避先があるっって幸せ💛