桜が満開です

04-10,2018


IMG_20180404_181744_188_convert_20180410231420.jpg

 散る桜
 残る桜も
 散る桜     ~良寛~


桜ほど
散り際が美しい花は
無いですね

日本人が
殊更に
桜を好きなのは

美しく
ひらひらと舞い

花の盛りに
華やかに散る姿

朽ちるどころか

舞い踊りながら
嬉しそうに人を魅了する

終え方。

いずれ散る桜

人も同じ
みんな同じ



良寛さんの句は
意味シンですね



・・・・




こはる地方
20180410_234751_(2)_convert_20180410235517.jpg
桜が満開です






小鳥たちが
20180403_165522_convert_20180410231356.jpg
蜜を吸って
たくさん花を落としていて

これもまた
可愛らしいものです

花吹雪の分は
残しておいてね

って、声をかけたくなるくらい
今年は蜜を吸いまくっている

小鳥たち




・・・・




飼い主は
お花見しながら
足取りゆるやか

Koha さんは
気候ヨロシク
イケイケGoGo!


ふたりの気が合わない




このごろのお散歩事情です^^;





















スポンサーサイト

春夏わん香の季節

03-31,2018


IMGP1512_convert_20180331103156.jpg

急激に春が到来しました~

昨日は
仙台で桜の開花宣言がありましたが
3月の開花は早すぎ感あり!

例年
仙台の3月は桜の開花待ちで

ツンデレな春に翻弄されて
焦らされる恋心。



・・・・


ついこの間までの冷え込みから一転
初夏のような陽気の日がありました

こはるも(;゚∀゚)=3ハァハァ


寒さから解放されて嬉しくもあり
嬉しいけれど何か違うという違和感もあり


ゆっくりとした季節の移行を希望-っ!!




人は
寒暖差を衣服で調節できます

犬も
ある程度洋服で調整しますが

今の時期のトリミング
被毛をどちらに合わせるのか悩みどころですね

養生的にみていくと
「春は遅く脱ぐ」
ということになります。

暖かくなったとは言え

頭で感じているのと
身体がそれを受け入れているかは
別なのです。

寒さからの初夏の陽気への変化は
思った以上に
人も犬猫も身体に堪えているようです

心身の変化をよく観察して
慎重に過ごしたい時期とも言えます




さて、
「春~夏わん香」が仕上がっております。

今期初回
4月仕上がり分の石鹸はご予約受付を終了いたしました。

毎月順次仕上がりがございますので
ご予約お待ちしております。




ブラッシングウォーターは
IMG_1848_convert_20180331104843.jpg
結びの合わせ糸を
スッキリと春~夏らしく

お嫁入り準備が整っております^^

もう、虫たちは活動しています
今年もナチュラルケアのご準備

怠りなく~




・・・・


昨日は陽気に誘われ
小さな山登り

「太白山」へ

標高321M ではありますが
急峻な山です。


伊達政宗公が仙台城を築城する際
風水でこの山を中心に街づくりしていったとか



珍しい
20180330_110331_(2)_convert_20180331104336.jpg
一角獣の狛犬さん

エジプトの王家の墓を発掘をしている
考古学界では有名な先生が
秘密裡に調査にきていて 

この一角獣は
何やら古代文明に関係があるそうです




むぅ~ん。



政宗公は
古代のエネルギーの秘密を


知っていたということでしょうね☆















グリーフセラピー

03-11,2018


11025824_913292402034982_3146743918261995146_n[1]

岩手県大槌町にある
「風の電話ボックス」 → 

ご存知の方も多いと思います

一昨年の今の時期に
NHK特集で放送されてから

時期を追い
いろいろなメディアや新聞などで
取り上げられてきました


・・・・



震災から丸7年

どこかで諦め
仕方ないんだと自分に言い聞かせ

生々しい傷口もかさぶたになり
かさぶたも下に新しい皮膚ができ

と、思っていたのですが

14時46分

黙祷のその時

あの時とまったく同じ哀しみが
腹の底から喉の奥を通り

涙を押し上げてきて

涙は腹の底から来るんだ
と、実感した

哀しみが
癒えることはあるのだろうか?

親族や親しい友人を失った人は殊更

心に蓋をして
抱えたまま行くのかもしれない

つまり
かさぶたのまま


そんなことを思う
丸7年目です




昨年、奈良県在住の
ヒプノセラピストの友人が

「風の電話ボックス」は
グリーフセラピー(悲嘆療法)に似ているの

必要な方にセラピーを
お届けしたいのだけれど・・・
と申し出てくれました

ボランティア関係の友人などにも相談しましたが
その時はタイミングが合わず実現しませんでした


慈しみ深い友人は
その後も何か好い方法はないかと
ずっと考えていたというのです

そこで思いついたのが
地元関西に避難した方を対象に
グリーフケアをするというものでした → 



被災し
全国に移住した方も大勢いらっしゃいます


必要とする方に届きますよう♡



・・・・・



せめて一言
最後に話がしたかった

そんな未完のコミュニケーションを埋めて


力強くその先へ!



セラピスト珊瑚ちゃんは
ヒプノ協会のパネリストとして
代替医療カンファレンスでも登壇しています

東北にも来てくれますよ~

セラピーを必要とする方がいらっしゃいましたら
遠慮なくご連絡くださいませ




繋ぎ役

ヨロコンデ v(o゚∀゚o)v
  ↑
居酒屋かっ!?














from Dubayy

02-26,2018


20180219_095354_(2)_convert_20180223095421.jpg

友達からのドバイ土産

ナッツがサンドしてある
デーツとイチジク

ナッツを挟んで食べるのは初めてですが
これが素晴らしいマッチング

程よく酸味を残し
ねっとりとした食感のセミドライの
デーツ(棗・ナツメ)とイチジクには

それぞれ

クルミ
ピスタチオ
ココナッツ
が、サンドしてあります

噛むほどに口の中で混じり合い
複雑、濃厚な美味しさが広がります

一粒で十分満足の美味しさ

お腹じゃなく
脳が満足する食材といった感じです



以前
オマーン大使館の料理教室に
参加したことがありますが

ドバイとオマーンは隣あっています

中東は
豊かで穏やかで
食も充実しているのだな
と、改めて感じます



さて
デーツは

春の養生に欠かせない食薬です

春は

肝・腎を強化し
解毒を促し
身体を目覚めさせなければなりません

デーツは
気を補い
肝気を巡らせます

そして血液を増やすことにより
春に特徴的なイライラ、
憂鬱を解消します


そいうえば・・・

少し前
瞼がピクピク痙攣していたことがありました
いつもはしないのに


これは春に出る
身体の不調のサインです

春は冬に溜め込んだ老廃物を出そうと
肝の働きが高まるのですが

高まりすぎ状態 
(肝風内動)

そ・こ・へ~
絶品デーツが届くとは☆

ナッツは補気食材ですから
デーツ&ナッツ
肝風内動には持って来い!

なんて良いタイミング!?



体調も
季節とともに変化します

まだ寒い日はありますが

日照時間がだいぶ長くなり
身体はしっかり春モードになっています

自分の身体が教えてくれるサインを
ちゃんとキャッチしながら

四季折々
心身ともに

元気に過ごせたらいいですね









Koha さんにも
様子を見ながら

そろそろ
春の養生に切り替えてあげないと



先ずは
いつものお茶にナツメをプラス♡




と、

モチロン愛も山盛りプラスです♡



















まねき猫?

02-11,2018


20180204_105010_(2)_convert_20180211172141.jpg

立春大吉

立春の日に
友人たちとお詣りした
神社の境内に

神社猫?がたくさんいて
猫探しをしながら

というか

どこにいるのか
どこから出てくるのか

目で追いながら


寒いながらも

ほっこりとした陽ざし
春の気配漂う中
楽しいお詣りをしてきました


・・・・



社務所の休憩所では

ストーブ前の
一番温かい席を陣取り



参道では

こちらは寒くないのか
たくさんの猫がうろうろ・・・



こんなところにも
20180204_105424_convert_20180211172226.jpg
どこでしょう?






ここ
20180205_233458_convert_20180211172305.jpg
(笑)





この子は
20180204_182529_convert_20180211172340.jpg
お賽銭箱の見張り役を
仰せつかっております


じーっと
この場所から動かないのです



はじめ
私たちが賽銭箱の前に立った時

プイッ!と
見事なぐらい90度横を向いて
絶対に前を見るもんか!!
ぐらいずーっと
頑固に真横を向いていました

身体は前向き
このままです

・・・

そのうち
こっちみてくれるかな~♪

と、みんなで期待するも


プイ!!



うーーー。


「ちょっと
 サービス悪いんじゃない?

 こっち見たら?」

と私が声をかけたとたん
こちらを見て


そのタイミングが絶妙すぎて


一同大笑い


こっちを向いてからは

微動だにせず

指示に従い
ずーっとこのポーズ


おぉ~~~!!


猫と会話した






あとで思えば

あまり賽銭箱や参拝者を
みつめていると

お賽銭を入れづらいかもしれない
参拝しにくいかもしれない


と、人の気持ちを汲んだ




まねき猫様の
気遣いだったかもしれない




・・・・



賽銭箱の見張りという
重責を全うすべく
公務に集中する






まねき猫警備員は



良い面構えでありました☆