FC2ブログ

野生黒はちみつ石鹸

02-12,2021


20210206_151420.jpg

もうすぐ Valentine Day
だからというわけではありませんが

今月の石鹸は
香りがスパイシーで
シナモンの加温性も期待できる

チョコレート色のマーブル石鹸です

2月用の石鹼を仕込む11月は
毎年何故だか

この野生の黒蜂蜜とシナモンの
甘くてスパイシーな石鹸が
つくりたくなってしまうのです

今年は少し遊んでみました

上の写真
手前は普通のマーブル

奥は全体がチョコレート色で
耳だけは
20210206_130213.jpg
こんな風に
マーブルとなっています

どちらがお手元に届いたでしょう?



・・・・



今年は
冬らしい冬でした

寒さのせいなのか?
我が家のシャコバサボテンの花付きが
20210202_003845.jpg
とても良い

花数も多いし
花持ちも良い

冬らしい冬ということですよね?
冬の植物に教えてもらいました^^v

とは言え
暦の上では春

食養生も
冬と春のハザマ

Koha さんの
20210209_220423.jpg
ハザマご飯~
生のラム肉に
7種類以上の食材をプラス!

その時あるものの
なんちゃってハザマご飯ですけどね

自分用
20210203_192936.jpg
もうすぐ旬が終わる白菜

たくさん残っていたので
甘酢漬けにしてみました。

酸味を控えめに
若干、甘めに味を調えるのが
春養生のコツです。



では

まだまだ寒波も来るようですので
油断せずに!

冬と春のハザマ



皆さま



日々養生でお過ごしくださいませ~💛















スポンサーサイト



辛丑年の抱負は?

01-05,2021


20210104_131338.jpg

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

寒さが身に沁みました
こんな寒い年越しは
子供のころ以来な気がします

ワタシのお正月は
ぬくぬくゆるり

でした


さて
本年の干支は「辛丑」/かのとうし

漢方の陰陽五行説は
干支とも深い関りがあります

「辛」は陰の金
「丑」は陰の土
両者は互いに影響を強めあう関係にあります
金(辛)は土(丑)から採れますね

「辛」/かのと・しん は「新」に通じ
植物に例えると枯れることによる芽吹きの兆し

「丑」は陰の土で植物に例えると
まだ芽を出さない土の中の種

両者、成長の準備をする状態
そんな意味がありそうです

枯れるものは枯れて
新しい時代(芽吹き)への準備の年でしょうか?

古来、牛は
農耕や運搬の役割を担ってきました

じっくり歩を進めて
芽吹きの準備をするのが
天地自然の理のようですね



・・・・



話は変わり

趣味で畑を作っていた友達が
いつの間にやら
本格的な人参屋さんになっており
サイトまで立ち上げていて →

ビックリ!

早速

購入いたしました
20210105_103429.jpg
ベータカロテンがたっぷりなプレミアム人参☆


甘味が強く
人参特有のクセが少なく
鮮やかなオレンジ色


先ずは


20210105_103610.jpg
キャロットラペ

干しブドウではなく
枸杞を使い

柑橘の絞り汁ではなく
自家製陳皮で柑橘感を出して

なんとなく
薬膳~

補血

理気、理水



お次は
20210104_183935.jpg
丸ごとホイル焼き







ホクホク
20210104_183852.jpg
とろける美味しさです



加熱するなら
煮物より
この方がとろけ感が美味しいな~


味付けはシンプルに

塩と
ブラックペッパーをガリッとひと回し

アホエンオイルのかすかなニンニクがよく合います

アホエンオイルはいろんな作り方がありますが
篠浦先生の作り方 → 



簡単
シンプル
なんですが

ちょっとひと工夫で
養生食になりますね




今年も
20210104_134421.jpg
モフモフで年を越したKoha さん





ここに
20210104_165841.jpg
スリスリさせてもらうのが
たまらんです

しかし

もうすぐ
毛刈り。。。






というわけで、(←何がというわけなのか?)
今年も今日から仕込んでおります!


「相変わらず」牛歩のごとく
黙々と仕込みに精を出すぞ~





   ↑
摂理どおりの抱負を語ってみました。


どうなるかは不明。























あと2日あったらな・・・

12-29,2020


20201229_091818.jpg

今年があと2日あったら・・・

毎年同じことを思うのって
学習能力が無いってことなんです

昨日で仕込みが何とか終了はしたものの
今年も製作数に余裕なしで年末を迎えまして

ギリギリでいただいた
オリジナル石鹸のオーダーは
来年仕込みとなりました。

年内目指していたんですが
ちょっと不完全燃焼な気分です

強制仕事納めとしましたが

なんだか納得できない!




今日は
ご近所のお宅からお分けいただいた
20201229_091705.jpg
「ゆずり葉」を小分けにして
玄関先に設置しました

欲しいという友人たちに取りに来てもらい
テイクアウトスタイル~

ゆずり葉は
円満に豊かに次の時代に引き継ぎ
その豊かさが更に安定しますように
という縁起物

ご近所の大学教授の邸宅のお庭のゆずり葉を
まさしく譲っていただきました

もう100年以上も続けているそうです
嘗ては仙台のお正月飾りに欠かせなかった
ゆずり葉

今のような物流が無い時代から
なんでも簡単に手に入る時代まで
そのままずっと続けているのですね

お徳が高いです

また、その心の豊かさを譲るというループの
友達の輪!

そんなこんなで
ようやくお正月準備の気分がONとなりました

・・・・・

やっつけ大掃除がテキトウなのは仕方なしです


というわけで

あと2日あれば
もっと丁寧にいろいろしたいものだ
と、今年も思うのね

12月31日と
1月1日の
高い壁がワタシを阻む




今年は社会のスタンダードが大きく変化しました

もう、
変化を楽しむしかない

知恵をしぼって
我慢もして

みんな同じ~!
そう言い聞かせよう

「ゆずり葉」をいただいて
譲り合ってみんなで助け合える社会にしていこうよ~!
そんなメッセージを感じました。





仙台は
12月には珍しいほどの雪が降りました


ケヤキ並木の
20201226_213534.jpg
雪化粧






萩は
20201226_213733.jpg
白いレースを纏いました






雪花が咲きました
20201215_160741.jpg
うっとり



今年も Koha さん共々
大変お世話になりました。



Koha さんは今年も
20201207_220915.jpg
食欲満々で

床掃除を担当してくれました

来年も
床掃除担当で良いそうです

失業なし~(笑)





では皆さま

どうぞよいお歳をお迎えくださいませ💛




















紐解き

11-20,2020


20201114_214326.jpg

小春日和が続いておりました

実はワタシ11月が大好きです
日暮れは早いものの

穏やかな天候で
紅葉も美しく
美味しい実りが沢山



仙台は公園の紅葉が美しく
積極的お散歩の日々です





20201114_125122.jpg







20201120_152820.jpg





20201120_152805.jpg





怠け者にとって確実に運動不足になる

寒い冬。


今でしょ!筋トレ!
と、飼い主も一生懸命歩いてます


・・・・


さて
話は変わり

実家の畑に見慣れぬ花が群生していました

祖母が作っていた小さな畑も
祖母亡きあと
放置状態の荒れ野原

手をかける人がいないと
こんなにもなるのか・・・
と、いつも寂しく眺めています

かといって
気持ちはあるのですが
私もやらない(汗)

年に何度かシルバーさんに
雑草を刈り込んでもらっています

今回も
あ・・・あぁ・・・
と、思いながらも横目で見ないふり

の目の端に
薄紫色の花が見えたような?

ふと見ると
見たこともない花の群生

どこからか飛んできたんでしょうね

ん?なんだか鮮血のように赤い線が入ってる
怖いー! おどろおどろしいー!
毒々しいー! 気味悪いー!
逃げ帰ろうかと思いましたが

写真だけ撮っておこうと
20201114_125350.jpg
パチリ





鮮血のように赤いものは
20201114_212134.jpg
どうも雌しべのようです

なんだ?なんだ?
と思いながら帰路につき

メールボックスを開けたら
お客様からの郵便物が・・・

一息つき
先ずは花アプリで花を検索!

お~☆
サフランじゃないですか~
薬用植物!!

あの鮮血のように赤い雌しべは
血液を浄化し
巡りを改善し
身体を温める

スゴイお宝じゃないですか
ひぃ~~~


と、思いながら
お客様からの封書を開けました

その中に
こんな一文が

「荒野と乾き切った土地は歓喜し
 砂漠平原は喜びに満ちてサフランのように花を咲かせる」
イザヤ書 35:1

環境問題の解決について記された
聖書の一節です

ワタシはアロマセラピーやハーブ療法を
日本や世界各地に古代から伝わる神話で
紐解いています

人類は古代から植物によって生かされてきました

そんなワタシを知るお客様からの封書

あまりのタイミングの良さに
鳥肌が立ちました


【サフラン】
・花言葉 : 歓喜 過度を慎め 濫用するな 不老長寿
・生薬名 : 番紅花
・適用 : 更年期障害 月経困難 月経過多 無月経 冷え性 など

漢方には「似類補類」と言って
生薬の形状は人の身体の部位と対応して
薬効を現すとされる考え方があります

サフランの色ははまさしく
鮮血 

血液全般に良い効果がありそうです
でも花言葉にあるように
濫用や過多の服用は慎みたいですね

歓喜もほどほどでいいかな?

それにしても
聖書の一節には驚きました
「喜び」というサフランの花言葉が
大地の喜びの表現となっています。

医学の祖ヒポクラテスが
サフランを歓喜の花と言ってもいるようです

喜びや歓喜(興奮)を漢方では
「心」の臓腑と関連する感情と言います

まさしく血流


ユーモア(humors)の語源は
ラテン語で「血流」の意味があるそうですが

喜び(笑顔)により血流が良くなり

サフランが花を咲かせる世の中となると
いいですね





では~


そろそろ冷え込みそうですね


20201114_125700.jpg



ぬくぬく準備怠りなく~~~



20201114_125639.jpg

準備完了の図












色づきはじめました。

10-19,2020


20201018_231320.jpg

紅葉シーズンが盛りになると
平日でも
どこもかしこも大賑わい

渋滞が嫌いなワタシは

少しフライング気味ではあるものの
色づき始めた山々で大満足であります





20201018_231358.jpg







20201018_231654.jpg
こちらは宮城県内ね





そして




岩手では
20201010_082544.jpg
黄金色の棚田と岩手山~


美しいな。



ふらりと思いつき旅の道連れは
20201010_082705.jpg
西郷どんの如く
一頭の犬。


道の駅や産直に寄るたびに
何買ったんですか~?
と、美味しいものチェックを受けます


ただ見てくるだけだよ・・・
20201010_082748 (3)
とはならないのはいつものこと^^;

限定品の浜千鳥があるじゃないですか!

つい最近
浜千鳥を熱く語った記憶があるだけに・・・


そして

明らかにパケ買い狙いなアルミ缶もありまして
ちゃんと狙いどおりになってあげました(笑)




こちらの道の駅は
20201010_082830.jpg
岩手県内のすべての酒蔵のお酒があります

南部杜氏の居る町なのです

杜氏の中でも
高い酒造りの技術を保持する
南部杜氏の家業は農業です

岩手の厳しい冬の農閑期
高度な酒造りの技術を持って
各地の酒蔵に出稼ぎしてきました

そして
それは今も続いているんですよ!







   
秋の味覚も
20201018_231506.jpg
忘れませんとも






アケビの天ぷら
20201018_231438.jpg
さて、どれがアケビでしょう?

なんてね。

ころもがしっかりしていて
見た目ではわかりませんね



・・・・・・



春はおそく脱ぐ
秋はおそく着る


冬を迎える身体の準備をしつつ






日々養生でお過ごしくださいませ~